グリーゼな日々バックナンバー

Q:うちもMAを導入したほうがいいでしょうか?

Q:うちもMAを導入したほうがいいでしょうか?

2018年4月26日

【2018年4月26日】

こんにちは。グリーゼの 江島民子 です。 

マーケティングオートメーション(以下、MA)を導入している企業が、だいぶ増えてきましたね。

 「オートメーション」という言葉の響きに、何か夢のような未来が待っているような気がして、ワクワクする方も多いのでしょう。

 最近では、Webマーケティングに力を入れていなかった企業さまからも、こんな↓お問い合わせをいただくことが増えてきました。


─────────────────

Q: うちもMAを導入したほうがいいでしょうか?

─────────────────

 このような質問が出てくる背景には、「今や、どんな企業も、情報発信に無縁ではいられない」という市場環境があると思います。

 

例えば、「技術力も実績も業界№1で、特にWebマーケティングなどしなくても圧倒的なシェアを誇っていた企業さま」ですら、情報発信の上手な新進企業に、少しずつ顧客を奪われている・・・ということがあちこちで起こっています。

そこで、

~~~~~

危機感を持っている経営陣:「うちも新進企業に負けないように情報発信しなさい!」

 担当者A:「情報発信といえば、メルマガですかね?」

 担当者B:「メルマガ、いままでは年に数回しか出してなかったけど、もっと真剣に取り組んでみましょうか」

 担当者C:「いやいや、メルマガなんてもう古いよ!今やMAを使って情報発信するっていう時代になってきているらしいよ」

 担当者A,B:「な、なにぃ!?じゃあ、うちもいますぐそのMAとやらをいれましょう!!」

~~~~

となるらしいのですが・・・ちょっと待ったぁ!

 

─────────────────

◆A: まずはメールマーケティングにしっかり取り組みましょう

─────────────────

メールマーケティングにちゃんと取り組めていない企業さまがMAを導入した場合、十中八九、MAは「ただのメール配信システム」と化してしまいます。

メールマーケティングだけでも、運用には結構な負荷がかかり、不慣れな企業さまはそれだけで"いっぱいいっぱい"になってしまうからです。

メール配信システムは、かなり高機能なものでも、月額1万円~。

一方MAだと比較的リーズナブルなものでも、月額3万円~程度はします。
(もっと安価なものもありますが、その場合、メール配信機能に関しては、高機能なメール配信システムより劣ったものになってしまいます。)

 

情報発信の中心に「メール」を据えたいのであれば、まずは高機能なメール配信システムを徹底的に使い倒してから・・・でも、遅くはありません。

以下に簡単なチェックリストを記載しておきますので、これらに全部チェックがつくようになってから、MAを導入することをお勧めします。

 

□メールマガジンを定期的・継続的に配信している

□一斉配信だけではなく、お客さまの属性(購入商品、購入金額、購買ステージなど)によってセグメントしたメールも配信している

□メールの差出人名に営業担当者名を入れる/件名にお客さま名を入れる/本文に購入商品名を入れるなど、OnetoOneなメールを配信している

□メールを配信したあと、毎回開封率・クリック率などを分析し、改善につなげている


貴社はいくつチェックがつきましたか?

 

▽▽▽▽▽▽ イチオシセミナー

いろいろな企業さまのカスタマジャーニーマップを作っているうちに、ほとんどのBtoB企業に共通する成功パターンがあることに気づきました。

名付けて「Webマーケティング成功の黄金律」。知りたい方は、ぜひご参加ください。

BtoB企業のためのメールマーケティング実践セミナー

▽▽▽▽▽▽

 

─────

編集後記

─────

既にご存じの方も多いと思いますが、私は「おとりよせネット」というサイトで、「お取り寄せの達人」という仕事(?)をしています。

 

年に4回、オススメのお取り寄せをご紹介しているのですが、最近はネタ切れ気味。

理由は、

 

ふわっふわのシフォンケーキは、ここ! 

うま味がぎゅっと詰まったベーコンは、ここ! 

どんなお料理も引き立ててくれるお手頃価格のワインは、ここ!・・・

 

というように、信頼できるお店がだいぶ増えてきて、新しいお店で買い物をすることが少なくなったからです。

 

でも、今のところ「これ」といったお店が見つけられていないのが「常備菜」。

私が出張続きのときに、おなかをすかせたムスメたちがチンしてすぐに食べられるような、安心安全で・おいしくて・手軽な冷凍の常備菜を販売しているECサイトをご存じでしたら、ぜひ教えてくださいね。

 

次号は、福田多美子がお届けします。お楽しみに♪

*外部サイトへのリンクが切れている場合があります。ご了承ください。
*ご登録は、こちらからお願いいたします。

グリーゼな日々バックナンバー
※掲載されている情報・URLは発行時点のものです。
←グリーゼな日々バックナンバーTOPへ戻る

メールマガジンのご登録はこちらから

このページのトップへ戻る

  • グリーゼの最新セミナー情報グリーゼの最新セミナー情報 »

  • 人気ランキング

    インフォメーション

    サービス一覧