グリーゼな日々バックナンバー

Q: リストが少なくても、ステップメールを始めたほうがいいですか?

Q: リストが少なくても、ステップメールを始めたほうがいいですか?

2017年4月27日
【2017年4月27日】
こんにちは。グリーゼの 江島民子 です。
先日、通販総研さまとの共催で、「化粧品通販リピート客育成セミナー」を実施しました。
「化粧品通販をやってるなら、ステップメールはバリバリに使いこなしているはず!」と思っていたら、意外にも三分の二の参加企業さまが未着手とのこと。
そこで、こんな↓ご質問をいただきました。

─────────────────
◆Q: リストが少なくても、ステップメールを始めたほうがいいですか?
─────────────────
質問してくださったのは、通販を始めて2年目のヘアケア商品を扱うG社さま。
カタログ通販から始めたため、Webマーケティングはまだこれから・・・とのことでした。
売上は順調に伸びているとはいえ、2年目といえば、やること満載の時期。
だからこそ、優先順位づけは重要ですよね。
A:リストが少なくても、ステップメールは早めに始めたほうがいいのでしょうか?
B:それともリストが少ないなら、ステップメールは後回しでも構わないのでしょうか?
あなたなら、何と答えますか?
─────────────────
◆A:リストが少なくても、できるだけ早くステップメールを始めてください
─────────────────
理由は、ステップメールには、「ブラッシュアップする期間」が必要だからです。
ステップメールは、「『このトーク』『このタイミング』『この回数』『このオファー』で配信すれば、お客さまが動いてくださるはず!」という仮説のもとに、設計制作していきます。
しかし、最初から思い通りには、なかなかいかないもの。
配信⇒分析⇒改善を繰り返して、ステップメールを優秀な営業マンに育て上げていく必要があるのです。
そのPDCAを、リストがたまってから実施するのは、もったいないですよね?
リストが少ないうちに、何度も試行錯誤を繰り返してステップメールの品質を高め、リストがたまったときには、「このステップメールを配信すれば、ほぼ確実に○○%が定期に引き上がる」「このステップメールを配信すれば、ほぼ確実に○○%が関連商品を購入してくれて、客単価が○○○円アップする」という状態にしておきましょう!
ステップメールについてもっと詳しく知りたい方は、ぜひこちらをご参照ください。
ステップメールでLTVを最大化せよ(無料ダウンロード)
▽▽▽▽▽▽
弊社でのMA(マーケティングオートメーション)運用の具体的事例をお伝えしているセミナーも、6月で4回目。
毎回必ず「MAとは」から話しを始めていますので、1~3回に参加してない方でも、全く問題ありません。
2年間以上運用してきているからこそお話しできることもありますので、MAにご興味のある企業さま、導入して活用方法を模索しておられる企業さまには、きっとお役に立てると思います!
▼詳細・お申込みはこちらから!
▽▽▽▽▽▽
─────
編集後記
─────
先日、Pardot(※)のコンサルタント資格の更新試験を受けました。
この試験は、四半期に一度実施されるもので、3回続けて落ちてしまうと、コンサルタントの資格が剥奪(!)されてしまうというものです。
毎回、「なんとか資格を保持せねば!!」と、私も福田も悲壮な覚悟(?)で、更新試験に臨んでいます。
思い起こせば2015年のちょうどいまくらいの時期、まだ日本にはPardotの教育ができる人がいないということで、オーストラリア(たしか)から2名の講師が来日し、同時通訳付きで、丸2日間資格取得用の授業を受けて、そのあと熱を出しました(笑)
当時は、試験問題も英語だったし、ウェブサイトで検索しても日本語の情報は一切出てこなくて、試験勉強するのもとっても大変でした。
ところが、今回の更新試験は、試験問題はもちろん日本語。ウェブ受講なので、検索して回答を調べても構わないのですが、日本語のしっかりした解説サイトが既にできているので、調べるのもラクチンでした。
「いよいよ日本でも、Pardot導入の環境が整ってきたんだなあ」と実感した一件でした。
ではでは・・・次回は、福田 多美子がお届けします。お楽しみに♪
※Pardot(パードット)とは:Salesforce.com社が提供するマーケティングオートメーションツールのことです。
*外部サイトへのリンクが切れている場合があります。ご了承ください。
*ご登録は、こちらからお願いいたします。

グリーゼな日々バックナンバー
※掲載されている情報・URLは発行時点のものです。
←グリーゼな日々バックナンバーTOPへ戻る

メールマガジンのご登録はこちらから

このページのトップへ戻る

  • グリーゼの最新セミナー情報グリーゼの最新セミナー情報 »

  • 人気ランキング

    インフォメーション

    サービス一覧