グリーゼな日々バックナンバー

Q: 上司から必ずダメ出しされるので、モチベーション低下中です(涙)

Q: 上司から必ずダメ出しされるので、モチベーション低下中です(涙)

2016年3月24日
こんにちは。グリーゼの 江島民子 です。

最近のセミナーは、企業のマーケティング部門や通販部門の社員の方々が数人で受講してくださることが増えました。

そんな時、よく聞く言葉が、こちら↓です。



─────────────────
◆ 上司から必ずダメ出しされるので、モチベーション低下中です(涙)
─────────────────

「何を書いても、ダメ出しされる」

「上司の言うことに一貫性がない」

「上司が変わったら、前の上司と言うことが180度変わってしまって、大混乱」

「AさんはOKだと言い、Bさんはダメだと言う。誰の言うことを聞けばいいの!?」

あなたには、こんな経験はありませんか?

先日お会いしたある方は、

「今までは書くことが大好きで、一番の得意分野だと思っていたのに、あまりにもダメ出しされるので、すっかり自信喪失・・・書くことが大嫌いになってしまいそうです(涙)」

とおっしゃっていました。

でも実は、チェックする立場の方も、「何をもってヨシとすればいいのかよくわからない」と悩んでいるかもしれませんね。

文章のヨシアシを決めるのは・・・


─────────────────
◆A:「好み」ではなく、「目的」と「数字」で判断しましょう!
─────────────────

ダメ出しのしかたとしてよく聞くのが

「オレは、こういうのは好きじゃない」

「オレだったら、こんなの読まない」

という言葉です。

つまり、上司の方の「好き嫌い」でOKかNGかが決まっている場合が、とても多いのです。

しかし、このやり方はとても危険です。理由は、

・上司は好きじゃなくても、お客様は好きかもしれない

・上司が読まなくても、お客様は読むかもしれない

からです。

つまり、「上司がどう思うか(感じるか)」は、文章のヨシアシには全く関係ないのです。

では、何をもって、OKかNGかを決めればいいのでしょうか?

指針となるのは、以下の2つです。

1)目的に添っているかどうか

2)数字で証明されているかどうか


もう少し詳しく説明しましょう。


1)目的に添っているかどうか

「文章」は、ある目的を達成するための道具でしかありません。

例えば、「既存顧客に再購入を促進するためのメールマガジン」であれば、「既存顧客に再購入を促進するために最適かどうか」が、OKかNGかの基準になります。

OKかNGかの判断が、誰がやっても同じ結果になるように、事前に「既存顧客の人物像」や、「なぜ今は再購入していないのか」「再購入するのはどんな時か」などの「購買心理・購買行動」を、あらかじめプロジェクトチーム内でディスカッションし、共有しておくとよいでしょう。

グリーゼでは、すべての制作業務の前に必ず「設計書」を作成し、その中で「目的」「KPI」「読み手の人物像・購買心理・購買行動」などを定義します。

そして、迷ったり、ぶれたり、意見が分かれたりした時には、必ず「設計書」に立ち戻るようにしています。


2)数字で証明されているかどうか

Aという書き方がいいか、Bという書き方がいいか迷った時に、「私はこう思う」「いや私はこう思う」と言い合っていても不毛です。

誰にも、正解はわからないからです。

そういうときは、A/Bテストをしてください。

たとえば、「クリック率を上げることを目的としたメールマガジン」であれば、クリック率が高かったほうが、疑いようもなく「正」なのです。

「迷った時は、お客様に聞く」ということを徹底しましょう。


困った上司をお持ちの方は、このメールをプリントアウトして、こっそり机の上に置いておいてください(笑)


▽▽▽▽▽▽

超~久しぶりにメールマーケティングについてお話しします。

ビジネスメール教育の第一人者 平野友朗 さんとの贅沢な二部構成ですよ♪

▽▽▽▽▽▽


─────
編集後記
─────

前回「ライターとしての経験がなくてもいいから、ITに強い方、ぜひ連絡してね」と書いたら、さっそく3名の方からご連絡をいただきました!ありがとうございます♪

引き続き募集中ですので、もう一回掲載しておきますね。前回迷われていた方、ご連絡お待ちしていま~~~す。

↓↓↓↓

最近IT企業からの「リードジェネレーション」のためのコンテンツ(ユーザーインタビューや事例集など)制作の案件が多くなっています。

既存の文系ライターでは対応できなくなってきたため、デジタルハリウッド様にご協力いただいて、12月と1月に「ITに強くて、書くことにも興味がある」という方のためのWebライティング勉強会を開催しました。

おかげさまで、さっそくその中から数人にお仕事をお願いすることができていますが、まだまだ全然足りない状況です。

「以前、IT企業で広報やってました」とか「昔、SEでした」とか、「Webディレクターだけど、書くことをもっと勉強したい」という方がいらっしゃいましたら、ライティングのノウハウはお教えしますので、ぜひお問い合わせください(取材案件が多いので、東京近郊の方限定です)。

グリーゼの登録ライターは、ただいま250名強。もっとたくさんの仲間に出会いたいと思っています。
ご連絡お待ちしています!


ではでは・・・次回は、福田 多美子がお届けします。お楽しみに♪


*外部サイトへのリンクが切れている場合があります。ご了承ください。 
*「グリーゼ!な日々」は、グリーゼのメールマガジンです。
ご登録は、こちらからお願いいたします。


グリーゼな日々バックナンバー
※掲載されている情報・URLは発行時点のものです。
←グリーゼな日々バックナンバーTOPへ戻る

メールマガジンのご登録はこちらから

このページのトップへ戻る

  • グリーゼの最新セミナー情報グリーゼの最新セミナー情報 »

  • 人気ランキング

    インフォメーション

    サービス一覧