グリーゼな日々バックナンバー

Q: 日本産の紅茶とインド産の紅茶と・・・別ページのほうがいいですか?

Q: 日本産の紅茶とインド産の紅茶と・・・別ページのほうがいいですか?

2016年2月 2日
こんにちは。グリーゼの 江島民子 です。

先日、中小機構主催の「EC Camp 2016 in Kansai」で、「Webライティング」についてお話させていただきました。

なんと事前申し込みだけで120名!

当日参加希望者も多かったため、テーブルが足りなくなって、追加の椅子を後ろに並べて聴いていただくことになりました。

「Webライティング」に対する関心の高さを、改めて実感した1日でした。

お忙しい中、ご参加くださった皆さま、本当にありがとうございました!



さて、その時にいただいたご質問がこちら↓です。


─────────────────
◆ Q: 日本産の紅茶とインド産の紅茶と・・・別ページのほうがいいですか?
─────────────────

「紅茶の販売をしています。

日本産の紅茶とインド産の紅茶と中国産の紅茶と・・・いろいろあるのですが、産地別の説明をする場合、1つのページがいいですか? 別のページに分けたほうがいいですか?」

この時は時間がなかったので、「別ページのほうがいいですよ!」と簡単にお答えしたのですが、実はこのご質問の答えは、「どんなキーワードに対して、最適化したいのか」によって変わってきます。

ということで、正確な回答はこちら↓。


─────────────────
◆A:キーワードとの「関連性」という観点で判断してください。
─────────────────

Googleは、キーワードとページ(※)の「関連性」をとても重要視しています(※キーワードとサイトも同様)。

「関連性」とは、その言葉のとおり「どれだけ関連が深いか」ということです。

ですから、最適化したいキーワードが「紅茶」であれば、そのページに、日本産の紅茶とインド産の紅茶と中国産の紅茶と・・・と、すべて掲載してあってもOKです。

「日本産の紅茶」として最適化したいのであれば、インド産の紅茶や中国産の紅茶のことは書かないほうがよいということになります。

では、どちらのキーワードで最適化したほうがよいかというと、私なら「日本産の紅茶」で最適化することを選びます。

理由は、以下の2つです。

1)「紅茶」で検索する人より、「日本産の紅茶」で検索する人のほうが、購買意欲が高いと考えられるから。

2)「紅茶」というビッグキーワードでは競合が多すぎて、上位表示が難しいから。

今後、ページ構成を考える時は、ぜひ「キーワードとの関連性」も考慮するようにしてみてくださいね!

もっと詳しく知りたい方には、下記のセミナーをオススメします♪


▽▽▽▽▽▽

「スタッフにも、ぜひ受けさせたいです。今度はいつやるんですか?」というリクエストにお応えして、開催決定!

コンテンツSEO 実践20時間講座。

それなりにお高いですが(笑)、助成金を使えば実質無料で受講可能です。

▽▽▽▽▽▽


─────
編集後記
─────

久しぶりの大阪出張でしたが、直前までバタバタしていたので、新幹線に乗ってから、

「大阪のお客さまにご挨拶に行くダンドリをしておけばよかったな~」

「関西在住のスタッフとのオフ会を開催すればよかったな~」

「大阪の友人に、来てねって声をかければよかったな~」

と反省しきりでした。

会場は「グランフロント大阪」の中だったのですが、そんな建物ができたとはつゆ知らず、「グランヴィア大阪」にまっしぐらに向かってしまった(←逆方向)というトホホな出来事も。

今度行く時は、もう少し時間に余裕を持って、新しくなった駅周辺をじっくり探検したいと思います!


ではでは・・・次回は、福田 多美子がお届けします。お楽しみに♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメールマガジンは、等幅フォントでご覧になることをおすすめします。
----------------------------------
【グリーゼ!な日々】とは
株式会社グリーゼの代表取締役の「江島民子」と取締役の「福田多美子」が、
隔週でお届けするオフィシャルメールマガジンです。
(第2、第4木曜日に配信させていただきます)

※バックナンバーは、こちらでご覧いただけます。

※ご意見、ご感想は、このメールに返信する形でお送りください。
---------------------------------
発 行 元 株式会社グリーゼ
東京都世田谷区駒沢2-16-18ロックダムコート202

▼運営サイト

グリーゼ公式サイト
 http://gliese.co.jp/
「コトバの、チカラ」

「SEOに効く!コンテンツ制作」

グリーゼ公式Facebookページ「コトバの、チカラ」

発行責任者 江島民子・福田多美子
----------------------------------
このメールマガジンは、読者登録してくださったほうにお届けしております。
メール配信の目的や第三者への提供は一切ありませんのでご安心ください。

※受け取りアドレスの変更・配信停止はこちらからお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C) Gliese Co., Ltd. All Rights Reserved.

グリーゼな日々バックナンバー
※掲載されている情報・URLは発行時点のものです。
←グリーゼな日々バックナンバーTOPへ戻る

メールマガジンのご登録はこちらから

このページのトップへ戻る

  • グリーゼの最新セミナー情報グリーゼの最新セミナー情報 »

  • 人気ランキング

    インフォメーション

    サービス一覧