グリーゼな日々バックナンバー

ご存知ですか?数字のマジック(2)

ご存知ですか?数字のマジック(2)

2015年2月26日
 
こんにちは。グリーゼの えじまたみこ です。
 
前回の『ご存知ですか?数字のマジック(1)』では、「数字を見る時は、『他
のものと比較して』『相対的に』見よう」というお話をしました。
 
今回は、「数字の持つ『意味』を考えよう」というお話をします。





──────────
例1:月間平均検索ボリューム40は、「全然ダメじゃん!」なのか? 
──────────
 
SEOのセミナー等で、「Google AdWords キーワードプランナー」をご紹介すると、ほぼ確実と言っていいほど、「月間平均検索ボリュームがどのくらいあれば、そのキーワードには(上位表示対策をすることにコストをかける)価値があると言えるのでしょうか?」という質問をいただきます。
 
でも、「月間平均検索ボリューム」の数値だけでは、それは判断できないのです。
 
例えば・・・
 
〇「母子手帳ケース」 月間平均検索ボリューム 40,500
 
〇「hanna hula 母子手帳ケース」 月間平均検索ボリューム 40
 
検索数でいうと、1,000倍も差があります。
 
ところが、1クリックあたりの平均広告単価は、
 
〇「母子手帳ケース」 ¥63
 
〇「hanna hula 母子手帳ケース」 ¥84
 
つまり、企業にとって、高い広告費を払っても獲得したいのは、「hannahula 母子手帳ケース」と検索した人の方なのです。
 
それは、なぜか?
 
「母子手帳ケース」と検索している人より、「hanna hula母子手帳ケース」とブランド名まで指定して検索している人の方が、「買う気で検索している確率が高い」=「購入する確率が高い」からです。
 
このように、「月間平均検索ボリューム」という「数字」を見る時は、「数字の大小」だけではなく、「そのキーワードで検索している人が、どんな目的で検索
しているのか」までを見る必要があるのです。
 
 
──────────
例2:他にもある!「購入する確率が高い」キーワードの見分け方
──────────
 
「ブランド名 アイテム名」以外にも、「買う気で検索している確率が高い」キーワードを見分ける方法が、いくつかあります。
 
●「アイテム名 通販」
 
●「アイテム名 激安」
 
●「アイテム名 送料無料」
 
●「アイテム名(サービス名) 地域名」(店舗に行くことを前提として探している)
 
これらは、基本的にBtoC(一般消費者向け)の、買う気まんまんキーワードです。
 
では、BtoB(企業向け)の場合は、どうでしょうか?
 
●「アイテム名 業務用」
 
●「アイテム名 卸」
 
●「サービス名 納期」
 
等は、仕入れ先や取引先を探しているキーワードです。
 
弊社が、一番意識しているキーワード「メルマガ 代行」も、「代行業者を探している」=「発注する気まんまんキーワード」ですので、「月間平均検索ボリューム」は、わずか90しかありませんが、とても価値のあるキーワードです。
 
同様に、前号で例に取り上げた「マーケティングオートメーション」についても、
 
「マーケティングオートメーション 比較」 月間平均検索ボリューム 70
 
「マーケティングオートメーションセミナー」 月間平均検索ボリューム 20
 
等は、システム導入を検討していることが予想されるキーワードですので、十分ビジネスになる可能性があると考えられるのです。
 
いかがですか?
 
このように「数字の見方」がわかってくると、まだまだ「隙間ビジネス」が見つけられるような気がしてきませんか?
 
ぜひ、お時間があったら、「Google AdWords キーワードプランナー」にいろいろなキーワードを入れて、遊んでみてくださいね(^-^)
 
 
▽▽えじまたみこの「イチオシ!セミナー」▽▽
 
大人気の動画セミナー(無料)、またまた追加開催が決定しました!
 
少人数制にさせていただいていることもあって、募集するたびに満席になってしまうセミナーです。
 
それだけ、「今年は、動画SEOに着目している」という企業様が多い証拠ですね。
 
えっ? 動画SEOのことは、まだよく知らない?
それは、もったいないですよ~。まずは情報収集から始めましょう!
 
▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
 
 
─────
編集後記
─────
 
先日、ご縁があって、「熊本弁のネイティブスピーカーであることが、唯一の参加条件」という会に参加させていただきました。
 
1人も知り合いがいないという状況での参加だったので、かな~り不安だったのですが、お店に入ったとたん、次々といろいろな方が声をかけてくださって、ほっとしました。
 
ただ熊本出身だというだけで、見ず知らずの方とあっという間にお友だちになれてしまうなんて、「共通言語」(方言もその1種ですよね?)ってすごいな~!と改めて感じました(^-^)
 
 
★ここで、ちょっと熊本弁講座!
 
<惚れてしまいそうになる方言ランキング(女性編)>で堂々1位!の、おっとりとした博多弁に対して、なぜか詰問調(?)になってしまう熊本弁。
 
どんなふうに違うのか、見比べてみましょう。
 
【博多弁】(語尾をふんわり流すのが、ポイント)
 
例1)「もう帰ると~?」(もう帰っちゃうの?)
例2)「なんしようと~?」(何をしているの?)
例3)「酔ったと~?」(酔ったの?)
例4)「どげんしたと~?」(どうしたの?)
例5)「好いとうよ・・・」(好きだよ・・・)
 
【熊本弁】(語尾をきっぱり止めるのが、ポイント)
 
例1)「もう帰っと?」
例2)「なんばしよっと?」
例3)「酔ったつね?」
例4)「どぎゃんしたと?」
例5)(熊本弁で、好きと言ったことがないのでわからない 涙)
 
 
う~ん、博多弁でしゃべった方が、3割増し可愛く見えるような気がしますね。
 
可愛く見える熊本弁を、ちょっと研究してみたいと思います(←たぶん無理☆)。
 
ではでは、次回は、ふくだたみこがお届けします。お楽しみに♪


グリーゼな日々バックナンバー
※掲載されている情報・URLは発行時点のものです。
←グリーゼな日々バックナンバーTOPへ戻る

メールマガジンのご登録はこちらから

このページのトップへ戻る

  • グリーゼの最新セミナー情報グリーゼの最新セミナー情報 »

  • 人気ランキング

    インフォメーション

    サービス一覧