グリーゼな日々バックナンバー

「3つの違い」、あなたは押さえてますか?

「3つの違い」、あなたは押さえてますか?

2014年7月24日
こんにちは。グリーゼの えじまたみこ です。

先日、あるセミナーに、H.S.先生が来てくださいました。
(差支えがあるかもしれないので、お名前は伏せておきますね。)

H.S.先生???

名刺をいただいて、どこかでお名前を拝見したような・・・と思ったら、我が家の本棚に鎮座している分厚い通販マニュアルの著者であり、著名な通販コンサルタントでいらっしゃいました。

ひえぇぇぇ~~~(汗)

そのセミナーは、第1部~第3部まであり、私は、第1部に登壇させていただいたのですが、話を終えて席に戻ってきたとたん、主催者の方が、1枚の紙を持って走り寄ってきました。

その紙には、H.S.先生のお名前と

「アポイントを希望。○月○日 月曜日 10時または13時」

というメモが書かれていました。

ひ・ひえぇぇぇ~~~(大汗)

というわけで、金曜日に初めてセミナーでお会いしたH.S.先生が、な~んと、翌月曜日には、弊社にご来社くださったのです!



いろいろお話をしていく中で、H.S.先生が、特に興味を持ってくださったのが、

「紙のライティングと、Webのライティングは、何が違うのか?」

ということでした。

あなたなら、この質問に、なんと答えますか?

私の答えは、この後スグ!


─────────────────
紙とWebの違い1) ツカミ志向であること
─────────────────

私は、「紙のライティングと、Webのライティングには、大きく3つの違いがある」とお答えしました。

1つめの違いは、Webのライティングには、「ツカミ志向」が必要であるということです。


◎「ツカミ志向」とは?

「先に先に、読者の興味・関心をツカんでやろう!」という意識のこと。

例えば、メールマガジンであれば、件名でツカミ、導入でツカミ、目次でツカミ、本文の出だしでツカミ・・・、というふうに、一瞬たりともお客さまの気持ちをそらさない工夫をすることです。


◎なぜ「ツカミ志向」が必要なのか?

紙媒体は、自分でお金を出して買うか、もしくはフリーペーパーであっても、自分で「これが読みたい」と選んで読んでいますよね。

ところが、Webの媒体は、ほぼ全て無料ですし、読みたいと思ったわけでもないのにメールボックスに飛び込んできたとか、リンクや広告をクリックしたら現れたという場合が、ほとんどです。

また紙媒体を手にしている時には、手元には、その媒体しかない状態ですが、Webの場合には、指先をほんの少し動かすだけで、いつでも他のメール・他のサイトに切り替えることが可能です。

ですから、Webライティングの場合、「読者は、基本的に読む気がない・読むのをやめる気マンマンである」ということを前提に、書かなければならないのです。


─────────────────
紙とWebの違い2) 結果志向であること
─────────────────

2つめの違いは、Webのライティングには、「結果志向」が必要であるということです。

◎「結果志向」とは?

「結果を出してナンボ」という意識のこと。

「文章は、結果を出すための手段のひとつでしかない」という考え方。

◎なぜ「結果志向」が必要なのか?

紙のライティングの多くは、「読んでもらうこと」自体が、目的となっていますよね。

雑誌の記事しかり、新聞の記事しかりです。

しかし、Webのライティングには、「ただ、読んでもらうことだけが目的」のものは、ほとんどないからです。

メールマガジンは、「クリック」という「結果」を得るためのもの。

Facebookの記事は、「いいね」という「結果」を得るためのもの。

何でもないように見えるコラムであっても、「アクセスアップ」であったり、「ブックマークしてもらう」であったり・・・何かしらの「結果」が求められます。

ですから、Webライティングの場合、常に「求められている結果を出すためには、どう書けばいいか」ということを、念頭に置いておかなければならないのです。


─────────────────
紙とWebの違い3) 仮説志向であること
─────────────────

3つめの違いは、Webのライティングには、「仮説志向」が必要であるということです。

◎「仮説志向」とは?

常に、「こう書いたら、こういう人が、こういう反応をするのではないか」という仮説を持って書くという考え方。

◎なぜ「仮説志向」が必要なのか?

「結果」が求められるということは、常に「さらによい結果」を求められるということでもあります。

そして、Webは、「さらによくなっているのか」「現状維持なのか」「悪くなっているのか」が、数値でひとめでわかってしまう、厳しい世界です。

ある数値を、今よりよくしていこうと思ったら、仮説⇒実行⇒検証⇒改善のPDCAを繰り返していくしかありません。

例えば、ある居酒屋を紹介するといった場合にも、「なんとなく」書くのではなく、

「前回は、価格訴求で動かなかったから、今回は原料のこだわり訴求でいってみよう」

「前回は、かなり売り色の強い件名だったから、今回はあえてテンションを下げて目に留まるようにしてみよう」

「前回は、肉料理をメインに紹介したら男性のクリックが高かったから、今回はデザートをメインに紹介して女性を拾ってみよう」

というふうに、必ず何かしらの検証ポイントを持って書くという意識が、必要なのです。


─────────────────
では、実際に書いてみましょう!・・・おや???
─────────────────

ここまで読んで、

「ふむふむ、ツカミ志向に、結果志向に、仮説志向ね。わかったわかった」

と思った方。

実際に書いてみていただけますか?

・・・

書いてみて、いかがでしたか? 3つのポイント、押さえられましたか?

思った以上に、難しかったのではないでしょうか?

昨年から何か所かで、ライティングをテーマにした連続セミナーをやらせていただいて、痛感しているのは、

「ライティングの場合、わかる と できる の間には、深~い深~い溝がある」

ということです。

「わかる」を「できる」にするために必要なことは、2つ。

1つめは、もちろん、量稽古。

そして2つめは、どこができていないかを、プロのコーチにチェックしてもらうことです。

スポーツのレッスンと同じですね(^-^)

スポーツのレッスンと違うところは、プロのコーチにチェックしてもらえる機会が、なかなかないということです。

そこで!! こんな ↓↓ セミナーを企画しました♪

▽▽▽えじまたみこの
「イチオシ!セミナー」(1)

あなたが書いたメルマガ&SEOコンテンツを、Wたみこが無料で添削します!

公開添削やります♪ 「添削やってほしい!」という企業さまも同時募集中!

◎日時:8月5日(火曜日)15:00~17:30(受付14:30~)
    ※18:00~懇親会を予定しております

◎場所:〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル東館19F
    サポタント株式会社セミナールーム 「青山一丁目」駅 3番・4番出口直結

◎料金:無料!!

詳細・お申込みは、こちらからイマスグ!!

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

─────────────────
編集後記
─────────────────

H.S.先生からは、こんなご質問もいただきました。

「どんな人が、ネット通販のライティングに向いていると思いますか?」

あなたなら、なんと答えますか?

私は、「営業マンなど、売るのが好きな人」と答えました。

なぜなら、文章のスキルは後からでも身につけられますが、マーケティング的なセンスは、後からでは なかなか身につかないからです。

「文章を書くのが好きという人には、売るのがニガテな人が多いので、ネット通販のライティングには、あまり向かないかもしれません」と申し上げたところ、「なるほどね・・・」とおっしゃった後、H.S.先生は、こう続けられました。

「僕はね、化粧品の美容部員が一番向いてると思うんですよ。なぜなら、あれは究極の対面販売だから」

確かに!

通販は、非対面販売だからこそ、対面販売をがっつり経験している人でないと難しいと、私も思いました。

これから、ライターを採用したり、社内でライターを育てたりする際には、ぜひ参考になさってくださいね。


▽▽▽えじまたみこの
「イチオシ!セミナー」(2)

ライティングに関するセミナー、続々と募集が始まりました!


●ご好評につき、2回目の開催となりました!

 2014年8月21日開催【BtoC・無料】BtoC企業のための「メールマーケティング」セミナー


●SEOライティングのスキルをしっかり身につけたい方、必見!

  2014年9月4日~開催【3回連続・有料・東京開催】 Webライティング上級コース(SEOライティング編)


●単品通販のECサイトさま 必見!

 2014年10月17日~開催【3回連続・有料・福岡開催】 Webライティング上級コース(ステップメール編)

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽


それでは、今回はこのへんで。
次回は、ふくだたみこがお届けします。お楽しみに♪


グリーゼな日々バックナンバー
※掲載されている情報・URLは発行時点のものです。
←グリーゼな日々バックナンバーTOPへ戻る

メールマガジンのご登録はこちらから

このページのトップへ戻る

  • グリーゼの最新セミナー情報グリーゼの最新セミナー情報 »

  • 人気ランキング

    インフォメーション

    サービス一覧