グリーゼな日々バックナンバー

"相互紹介"にチャレンジしてみよう(5)

2014年2月27日
こんにちは。グリーゼの えじまたみこ です。

私が執筆する号では、売上停滞に悩む林檎屋のネットショップ店長 Nさんとの掛け合いで、全国で実施しているセミナーでの気づきをご紹介しています。

Nさん、昨年から連載している『"相互紹介"にチャレンジしてみよう(5)』、今回がいよいよ最終回ですよ。

「去年の8月号から始まってるから、半年がかりだったね(^-^;」

そうですね(^-^; 今までの内容については、バックナンバーで復習しておいてくださいね。

>>> ここから

▼"相互紹介"にチャレンジしてみよう(1)

"相互紹介"を成功させるためのポイントとして、"紹介する側"と"お客さま"の信頼関係がしっかりできていることが大事だ、というお話をしました。

▼"相互紹介"にチャレンジしてみよう(2)

"相互紹介"を成功させるためのポイントとして、お互いの商材に親和性があること、背中を押す特典があること、などをお話ししました。

▼"相互紹介"にチャレンジしてみよう(3)

改めて、"相互紹介"のメリットは何なのか、を考えました。

▼"相互紹介"にチャレンジしてみよう(4)

"相互紹介"を成功させるためのポイントとして、事前確認しておくべきことを、いくつかご紹介しました。

>>> ここまで

最終回では、"相互紹介"を成功させるために必要な事前準備を、あと2つご紹介しますね!



─────────────────
事前準備:"相互紹介"用の専用ページを作成する
─────────────────

もし、"相互紹介"の効果を計測したいなら、専用のページを作った方がいいですね。

それも、できれば、元の商品ページをそのままコピーしただけのものではなく、"Nさんご紹介記念キャンペーン!"というタイトルがついてたり、"Nさんとの繋がりについて"、なんてコーナーがあったりすると嬉しいですよね。

「おいおい、ちょっと待って。なんだか、オオゴトになってきたぞ」

そうです。オオゴトなんです。

"相互紹介"というのは、読者から見たら、一種のイベント=お祭りですから、しっかり準備して、楽しく演出しないと乗ってきてくれません。

複数店舗でやる場合は、全店舗の店長さんの顔写真と、各ショップのイチオシ商品を掲載したイベントページを作る場合もあります。

お互いがプレゼントを提供し合うタイプの"相互紹介"の場合には、プレゼントを紹介するページや、プレゼントを申し込むページを作る必要もあります。

紹介数を競い合って、負けた方には罰ゲームを課すというような、ゲーム性の高い"相互紹介"が流行ったこともありました。

「あ~、なんかめんどくさくなってきたな~~~」

そ、そうですか(^-^;

でも、めんどくさくても、ちゃんと準備しないと効果が出ないので、お互いの時間と手間がムダになってしまいます。

一度、ちゃんと準備をすると、手順もわかりますし、その時に作った資料やページの使い回しができますから、2度目からはそんなに大変じゃなくなりますよ(^-^)

「ほんとか? じゃあ、まぁ試しにやってみるか。準備することは、以上かい?」

いえいえ、もうひとつ、アフターフォローのやり方についても、事前にしっかり確認しておきましょう。


─────────────────
事前準備:アフターフォローのやり方を決めておく
─────────────────

「アフターフォローって、一体何が必要なんだ?」

例えば、Nさんのメルマガ経由でフルーツタルトの注文をしてくださった方が何人くらいいたか知りたいとしたら、それをイベント終了〇日後までに知らせてもらうというフローを、あらかじめ決めておいたほうがいいですよね?

「う~ん、まあ、そんなの適当でいいけどな・・・」

適当じゃだめですよ(笑) ちゃんと効果測定してください!

それから、もっと大事なのは、プレゼントが絡んだ場合です。

例えば、こんな↓企画だったとしたらどうでしょう?

<< Nさんのメルマガで読んで、カフェのネットショップでフルーツタルトを5,000円以上お買い上げくださった方には、翌月Nさんのネットショップとカフェのネットショップの両方で使えるクーポンをプレゼントします! >>

「そりゃ、クーポンを作っとかなきゃいけないでしょ!」

そうですね。それも事前準備として必要ですね。

また、そのクーポンを、誰がどういう方法で、いつ送るのかも、あらかじめ決めておいたほうがいいですよね?

抽選で〇名さまにプレゼントみたいな特典だったら、抽選を誰がいつどんな方法でやるのかも、考えておかなきゃいけないですよね?

「ふぅ、なんだかほんとにオオゴトだなぁ」

こうして書いていると、オオゴトみたいですが、やってみるとそうでもありませんよ(^-^)

ただし、やり始めてから、あれも準備してなかった! 準備してなかった! となると、お客さまにご迷惑をおかけすることになってしまいかねませんので、初めて"相互紹介"にチャレンジする時は、しっかり手順書を作って、頭の中で全工程をシミュレーションして、モレ・ヌケがないことを指差し確認してから始めることを、お勧めします。

まぁ、それでも、やってみると、結構モレ・ヌケが見つかって、大慌てしちゃうんですけどね。ふふふ(笑)

「ふふふって!(汗)でも、まあ、せっかくの機会だから、やってみるよ」

ぜひぜひ~♪ じゃあ、実践したら教えてくださいね。楽しみにしています!!


▽▽▽こみやまたみこの
「今週のイチオシ・セミナー」▽▽▽

これは、ほんとにお得! 絶対受けた方がいいです。

●3回集中 WEBライティングコース

3月12日(水)、3月19日(水)、3月26日(水)

受けた方がいい理由は、編集後記で、このあとスグ!

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽


─────────────────
編集後記
─────────────────

「今週のイチオシ・セミナー」でご紹介した「3回集中 WEBライティングコース」は、以下の2つのビックリ!から生まれました。


(1)サポタントさんのビックリ!から生まれました

このセミナーを主催してくださるサポタント株式会社さんは、人材派遣会社。

昨年末に、サポタントの社長さんが派遣先の企業さまに挨拶まわりをしたところ、派遣したウェブデザイナーさんが、みんな一生懸命文章を書いていたそうです。

「あなたたち、どうしたの? 文章なんて書けたっけ?」と聞いたところ・・・

ふくだの書籍「SEOに効く! Webサイトの文章作成術」でもご紹介させていただいたとおり、
 http://amzn.to/1grpihf 

現在のSEOの王道は、「良質のコンテンツを、作り続けること」です。

そのために、ウェブデザイナーさんが、みんなコンテンツ制作要員として、借り出されているらしいのです。

しかし、彼ら・彼女らは、なんといってもデザイナーさんですから、「良質のコンテンツ」を作るコツは知らないし、ましてや、「良質のコンテンツを、速く、大量に」作るコツなんて全然知りません。

「これは、まずい・・・」と思ったサポタントの社長さんが、WEBライティングのセミナーを企画してくださったのです。


(2)えじまのビックリ!から生まれました

実は、ライティングに特化した3回連続セミナーは、既に昨年、沖縄でも実施しています。

そこでわかったことは・・・「わかる と できる は、ぜんっぜん違う!!!」ということ。

「書き方のコツ」をお話すると、どなたも「ふむ、ふむ、わかった。たしかにそうだよね」と納得してくださいます。

しかーし! いざ、ウェブコンテンツやメルマガを書かせてみると・・・ボロボロなのです。

何回も何回も添削を繰り返して、やっと「わかる」が「できる」に変わることを知りました。

ですから、「わかる」で終るセミナーではなく、「できる」をゴールにしたセミナーが必要だと思ったのです。


このセミナー、5時間 × 3回のコースです。
受講料は、今回、初回限定モニター価格ということで、合計 50,000円(税込)だそうです。

ということは、1回あたり、約17,000円(税込)ってことですよ!
これって、超~~~安くないですか?

価格設定の時は、サポタントさんからのご連絡に、あまりよく考えずに「いいですよ~」なんて答えちゃったのですが(笑)、これは、自分で言うのもナンですが、かなりお買い得だと思います(^-^)


〇ライティングを、「わかる」から「できる」に変えたい方

〇「良質のコンテンツを、速く、大量に」作るコツをしっかりマスターしたい方

ぜひ、初回限定モニター価格が設定されているこの機会に、受講をご検討くださいね(^-^)


●3回集中 WEBライティングコース

3月12日(水)、3月19日(水)、3月26日(水)


それでは、今回はこのへんで。
次回は、ふくだたみこがお届けします。お楽しみに♪

グリーゼな日々バックナンバー
※掲載されている情報・URLは発行時点のものです。
←グリーゼな日々バックナンバーTOPへ戻る

メールマガジンのご登録はこちらから

このページのトップへ戻る

  • グリーゼの最新セミナー情報グリーゼの最新セミナー情報 »

  • 人気ランキング

    インフォメーション

    サービス一覧