グリーゼな日々バックナンバー

発表します! 込山・福田の「今年の〇〇、ベスト5」

発表します! 込山・福田の「今年の〇〇、ベスト5」

2013年12月26日
こんにちは。グリーゼの こみやまたみこ です。
http://gliese.co.jp/company.html#komiyama

今回は、2013年最後のメールマガジンということで、番外編をお届けします。

皆さんにとって、2013年はどんな1年でしたか?

Facebookをやっている友人が、自分の2013年のまとめ記事を見て「なんか(感動して)涙が出た」と書いていたので、私も自分のまとめ記事を見てみたところ・・・

「なんじゃこりゃぁ! スカスカだ!!」

と、ガックリ・・・。

ところが、その後、あるメールマガジンを読んだところ、私の反応には理由があったことがわかりました。

その理由とは・・・? 続きは、編集後記でお話ししますね(^-^)

それでは、2013年最後の「グリマガ」、始めます!



─────────────────
こみやまが選んだ「今年の〇〇、ベスト5」とは?
─────────────────

2013年「今年の漢字」は、「輪」に決定したそうですね。

皆さんにとっての、「今年の漢字」は、何ですか?

私は・・・「生」です。生ビールの「生」じゃなくて、LIVE(ライブ)の「生」ですよ(笑)。

メールやSNSによるコミュニケーションがアタリマエになった今だからこそ、「生で観る」「生で会う」「生で話す」ことの大切さを実感した1年でした。

ということで、こみやまが選んだ「今年の生、ベスト5」はこちら!


◆1:8月 北見

グリーゼの登録ライターがどんどん増えて(現在180名を超えています!)、今までのマネジメント方法では、効率が悪いところがたくさん出てきました。

そこで、ふくだと一緒に、北海道北見市にある同じ業態の大先輩「株式会社ワイズスタッフ」様の北見オフィスを訪問し、いろいろお話を聞かせていただきました。

代表の田澤由利さんは、大変お忙しい方であるにもかかわらず、時間をたっぷり割いて、「オススメのシステム」「オススメの仕組み」などを詳しく教えてくださいました。
心から感謝しています。

その後、総務省の「テレワーク全国展開の実施における調査研究」の一環である、テレワーク導入コンサルティングを受けることもでき、現在少しずつ改善に取り組んでいるところです。


◆2:8月 金沢

友人に誘われて、「小松弥助(こまつやすけ)」という、83歳の大将が、踊るように楽しそうにお寿司を握ってくださる「予約の取れないお寿司屋さん」に行ってきました。

普段は、私はこういう遊びの旅行には参加しないし、参加しないことを皆さん知っているので、誘われもしないのですが、今回なぜ誘ってもらえたのか、なぜ行くことにしたのか・・・今となっては、本当に不思議です。

そして、この大将の「仕事をする姿」を目の前で拝見し、握ってくださったお寿司を食べたことは、「自分にとって、仕事とは何か」ということを考える大きなきっかけになりました。


◆3:9月 福岡

ふくだ本(来年早い時期にご案内できると思います!)の取材で、さまざまな方にインタビューさせていただきました。

その中で、どうしてもある方に直接お話をお聴きしたくて、ふくだと一緒に、福岡に行ってきました。

滞在時間数時間の慌ただしい出張だったのですが、とても心のこもったおもてなしをしていただき、惜しみなくいろいろなことを話していただきました。

この旅も、「仕事人としての在り方」を考える大きなきっかけになりました。


◆4:10月 大阪

そうそうたる実績を持つ友人・知人たちがこぞって、ブランディング・コンサルタント阪本啓一さんの「まいどインターナショナル」という連続セミナーを受けに、大阪に通っています。

「何がそんなに彼ら(彼女ら)の心をときめかせているんだろう?」ということを知りたくて、あるタームの最終回にお邪魔させていただきました。

その時、ほとんどの受講者の方が、「お客さまとリアルで会う場を創る」という発表をされていたのが、とても印象的でした。

「やっぱり生だよね!!」ということを、改めて実感しました。

また、阪本さんが、どのように受講者の方たちをナビゲートしているかを拝見させていただいたことで、セミナー講師としての、今後の自分の在り方を考えるきっかけにもなりました。


◆5:11月 久慈

ずっとずっと、行きたい、行かねば・・・と思いつつ、一度も行けずにいた東北に、やっと行くことができました。

きっかけは、東日本大震災の被災地で生まれ育ち、今、故郷の復興のためにがんばっている方たちが、横浜・中華街に遊びに来てくれたことです。

その時に、飲んで、食べて、話をしているうちに、「東北に行って何ができるのか? 何のお役に立てるのか? ただの自己満足なんじゃないか?」という迷いが、すーっと消えていきました。

そして、「何の役にも立てなくても、まず地元の方たちと友だちになればいいじゃないか」と思えるようになりました。

そこで、ふくだと一緒に、地元のお祭りに参加させていただくために、「あまちゃん」の舞台にもなった久慈市に、夜行バスに揺られて行ってきました。

今回は、本当に「楽しく遊んで来ただけ」でしたが、これをきっかけにして、東北とずーーーっとつながっていけたらいいな、と思っています。


その他にも、たくさんの方にお会いして、直接お話しをさせていただいたことが、全て自分の糧になった気がします。
お時間を割いてくださった皆さま、本当にありがとうございました!

来年もますます「生」で行きたいと思っておりますので、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。


▽▽▽こみやまたみこの
「旬ネタピックアップ」▽▽▽

今年1年の感謝の気持ちを込めて、グリーゼからささやかなクリスマスプレゼントをお贈りします。
http://www.otonari.co.jp/smatab/gliese/

ふくだが一生懸命デザインしました。ぜひ見てやってください。
(スマホ・タブレット用に最適化してあるので、パソコンからだと画像が大きくて見にくいかも・・・すみません!)

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽


─────────────────
ふくだが選んだ「今年の〇〇、ベスト5」とは?
─────────────────

こんにちは。グリーゼの ふくだたみこ です。
http://gliese.co.jp/company.html#fukuda

私は、2013年「今年の漢字」と同じく、「輪」を感じた1年でした。

ふくだが選んだ「今年の輪、ベスト5」はこちら!

◆1:SEOのサービスを始めました

グリーゼは、これまで、ライティング専門会社としてメールマガジン、ステップメール、Webコンテンツ、Facebookページの投稿記事などの制作を行ってきました。
2013年は、新たにSEO対策のためのコンテンツ制作のサービスを始めました。コンテンツ作りに悩んでいる方のお役に立ちたいです。グリーゼは小さな会社ですが、仕事の「輪」をもっともっと広げていきたいと思います。

・SEOに効く! コンテンツ制作
http://seo-contents.jp/


◆2:素晴らしい仲間が増えました

2013年は、新しいライターがたくさん弊社の仲間になってくれました。今年は「グリーゼの会社説明会」を3回、ライター向けのセミナー「稼げるメルマガライターになるための10のポイント」も3回開催しました。

リアルの場を作った成果として、新しいライターと「直接会う」機会が増え、即戦力となって活躍するライターが多かったです。今年もたくさんのプロジェクトを立ち上げられたのは、旧メンバーと新メンバーの「輪」(協力)のおかげです。


◆3:出張で人のやさしさに触れました

セミナーや取材で、福井、大阪、北海道、福岡、岩手、沖縄に行かせていただきました。
別の地域で行ったセミナー主催者の方からのご紹介で呼んでいただいたり、7年前の約束がきっかけで呼んでいただいたり、人の心、やさしさ、ご縁に感謝する1年でした。懇親会を開いていただきながら感じたのは、私自身が「輪」を広げていける人間になりたい!ということでした。


◆4:ライブで泣きました

ここからはプライベート編。「桂三枝さんの襲名披露公演」に始まり「マイケル・ジャクソン ザ・イモータル」、「AKB48 真夏のドームツアー」、「宝塚・ベルサイユのばら」など、たくさんのライブに行きました。一番感動したのは「中島美嘉」さん。しゃがみこんで熱唱する「Dear」に涙がこぼれ、この曲を聞くために、横浜、丸の内、大宮と同じツアーに3回も通いました。


◆5:あまちゃんに勇気をもらいました

今年1年を通して楽しませてもらったのは、NHKの朝ドラ「あまちゃん」。毎日、気持ちを揺さぶられながら、いろんな場面で勇気をもらう日々。11月にこみやまに「久慈に行くよ」と言われたと時は、「やった!」と飛び上がりました。北鉄に乗り、まめぶ汁を食べ、あの灯台から海を眺め、あまちゃんファミリーの輪に加わった気分を満喫してきました。


2013年は、「輪」を作っていただいた1年でした。2014年は、自ら「輪」を作っていけるように努力していきたいと思います。
2014年も、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。


▽▽▽ふくだたみこの
「旬ネタピックアップ」▽▽▽

グリーゼのフェイスブックページでは、12月中旬から「コトバの、チカラ」をテーマにお届けしています。ライターの視点で気づいた「言葉の魅力」をご覧ください。

メルマガ制作なら、グリーゼ(グリーゼ公式フェイスブックページ)
https://www.facebook.com/kotoba.no.chikara

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽


─────────────────
編集後記
─────────────────

ふたたび、こみやまたみこ です。

「今年はどんな1年でしたか?」と聞いたときの反応は、その人が持っている資質によって、かなり違ってくるそうです。

※チームメイキングの手法のひとつ、ストレングスファインダーコーチの第一人者 森川里美さんのメールマガジンより
http://m.strengths-center.jp/bm/p/f/tf.php?id=strengthscenter

※ストレングスファインダーとは
http://bizacademy.nikkei.co.jp/business_skill/tsuyomi/

<< ↓↓ 資質による反応いろいろ ↓↓ >>

◆パターン1)年初に明確に設定していた複数の目標のうち、どれとどれが達成できたかを話し始める人

◆パターン2)1年の間に達成できた大小の物事をたくさん挙げて、「今年もいろいろやりました」と答える人

◆パターン3)私のように、「もっとできるはずだったのに、できなかった」と悔しがるところから始まる人 などなど・・・

パターン3は、「最上志向」という資質を持っている人の特徴なのだそうです。

どうやら、私がいつも「不満足傾向」にあるのは、「最上志向」という資質によるところが大きいようです(^-^;;;

さらに「へぇ〜」と思ったのは、どの資質の人も、「自分のような反応をするのが"普通"でしょ?」と思っているという点です。

確かに〜!
私も、パターン1・2のような反応をするのは「かなり特別な人」で、「大半の人はパターン3の反応をするものでしょ!」と思い込んでいましたが、本当はそうではないのかもしれません。
(現に、私の友人も、「なんか涙が出た」と自分の1年に感動したようですし・・・。)

自分のアタリマエは、人にとってのアタリマエでない。
人がアタリマエだと思っていることの中に、自分にとってはビックリ!! のこともある。

それを知ることで、自分以外(家族も含む)との関係が、よりよくなるかもしれませんね(^-^)


それでは、今回はこのへんで。
次回は、グリーゼ自慢のマネージャーたちが、新年のご挨拶をお届けします。お楽しみに♪

グリーゼな日々バックナンバー
※掲載されている情報・URLは発行時点のものです。
←グリーゼな日々バックナンバーTOPへ戻る

メールマガジンのご登録はこちらから

このページのトップへ戻る

  • グリーゼの最新セミナー情報グリーゼの最新セミナー情報 »

  • 人気ランキング

    インフォメーション

    サービス一覧