グリーゼな日々バックナンバー

個人の時代(3)

個人の時代(3)

2011年11月24日
 こんにちは。グリーゼの こみやまたみこ です。
 http://gliese.co.jp/company.html#komiyama

 林檎屋のNさん、こんにちは。

 「今回は、"うちのカーチャンが儲からない問題"について
  話すんだったよな?」
  http://kotoba-no-chikara.com/days/komiyama/000074.html

 いえいえ、儲からないなんて言ってませんよ(汗)

 「ちゃんと記録が残ってるぞ。
  http://kotoba-no-chikara.com/days/komiyama/000072.html

  ホラ、ここに

 "この人が勧めてくれるから、買う"っていうのは、
  ひっくり返して言うと、
 "その人がいなければ、売れない"ってことですよね?
 
  それだと、奥さまは、いつまでも現場を離れられないし、
  いつまでも忙しいってことですよね?

  て、書いてある」

 そ、それは、ちょっとNさんを挑発してみたんですよ(^-^)

 「ホントかぁ?」

 ホントですよ。
 あの時、Nさんだって、

   商売っていうのは、そもそも、そういうものじゃないのかよ!
   楽して売ろうなんて、おかしいんだよ!!

 て言ってたじゃないですか。

 だから、それでいいんじゃないでしょうか~?

 「いいんじゃないでしょうか~?って、な~んか腑に落ちないなあ。

  じゃあ、うちのカーチャンの、"自分が一番の売り物"
  みたいなやり方でもいいっていうことなのかい?」

 いいと断言できるわけじゃないのですが・・・

 ちょっと、私の未来予想を聞いてくれますか?



 ────────────────────────
 1:第1期 個人の時代
 ────────────────────────

 未来予想の前に、ちょっと過去を振り返ってみましょう。

 実は、"自分が一番の売り物"っていうやり方は、
 今に始まったわけではないんですよね。

 「へぇ、そうなの?」

 そうなんです。

 日本のインターネット元年と言われている
 1995年~2002年くらいまでって、
 そのやり方が主流だったんですよ。

 オンラインショップの店長さんが、自分でホームページを作って、
 顔を出して、日記を書いて、掲示板を書いて、メルマガを書いて、

    店長のファンが増える = 売り上げが上がる

 という時代が、以前にもあったのです。

 ところが、それって、Nさんにも言ったように、
 結構大変なわけですよ。

 休めないし、発信し続けなきゃいけないし、
 その人の声が届く範囲以上には、売り上げが上がらないわけです。

 そこで、もっと効率的な方法はないかということで、
 みんなが、

  システム化
  シクミ化
  組織化

 ということを考え始めます。

 誰がやっても売れる方法を考えよう、という方向に
 動き始めたんですね。 

 「なるほどねぇ・・・って、ちょっと待ってよ。

  てことは、うちのカーチャンのやり方は、時代遅れって
  いうことじゃん!」

 

 ────────────────────────
 2:第2期 個人の時代
 ────────────────────────

 いえいえ、そうじゃないんです。

  システム化
  シクミ化
  組織化

 が進んでいって、
 ウェブ制作の技術も格段の進歩を遂げた結果、

 どのサイトも非常にハイレベルになって、
 甲乙つけがたいという状態になってしまいました。

 「確かにねぇ」

 新しいスタイルのオンラインショップ、
 新しいビジネスモデルを誰かが考えたとしても、
 あっという間に真似されてしまう時代です。

 つまり、商品でも、サービスでも、ウェブサイトのクオリティでも
 差別化ができなくなってきたということなんですね。

 「あれだな、みんなが高度化し過ぎちゃったもんで、
  選ばれる理由っていうのが、なくなってきちゃったんだな」

 そうそう、そうなんです。

 だとすると、唯一真似できないもの、他とは絶対的に違うものは
 何でしょう?

 「・・・人?」

 そうなんです。人です。

 ですから、最初の"個人の時代"から10年くらい経って、
 また、新たな"個人の時代"が始まったところなんじゃないかと
 思うんです。

 「一巡したってわけだ」

 そうなんです。

 よく、歴史は60年周期とか70年周期で、
 同じサイクルを繰り返すって、言いますよね?

 インターネットの世界は、ドッグイヤー、つまり、
 1年で7年分進むと言われていますから、
 ちょうど10年で、
 70年経ったのと同じような動きをしているのかもしれませんね。
  
 「それは、面白い考え方だな。

  で、新たな"個人の時代"っていうのは、
  第1期の"個人の時代"と、どこが違うのさ?」 
 


 ────────────────────────
 3:未来予想
 ────────────────────────

 "第2期 個人の時代"は始まったばかりなので、
 ここからは、未来予想になっちゃうんですけど、

 「うんうん、いいから話してみなよ」

 今回は、2巡目なわけですから、前回の反省を生かして、
 第1期より、"よりよい個人の時代"になると思うんですよね。

 「そりゃ、そうじゃないと困るな」

 いちばんわかりやすいのが、
 いいアウトソーシング先が増えたことで、
 なんでもかんでも、自分でやらなくてもよくなったり、

 システムが高度になり、しかも安価になったことで、
 自分でやるにしても、ぐっと時間短縮ができるようになった
 ということがありますよね。

 ですから、同じ"個人の時代"とはいっても、
 第1期に比べれば、大変でなくなっていると思うんです。

 それから、"第1期 個人の時代"には、
 ファンを集められるような情報発信ができるのは、
 ごくごく限られた"カリスマ店長"と呼ばれる人たちだけでしたが、

 今は、みんなが情報発信に慣れてきていますので、
 以前、Nさんが言っていたように、
 奥さんだけが情報発信をして、奥さんだけにファンを集めるのではなくて、

 娘さんやおばあちゃんにも情報発信してもらって、
 それぞれにファンをつけていくということもできますよね。

 「そうか~、やっぱり、ばーちゃん出しとくか」

 実際に、スタッフさんにそれぞれブログを書かせるところや、
 スタッフさんの顔出しをするショップさんも増えてきています。

 例えば、久米繊維さんは、営業さん全員がメルマガを出していますし、
 http://kotoba-no-chikara.com/pickup/3/1_004.html

 弊社も、"全員タレント"を目指して、
 Facebookページでは、それぞれ名前を出して、記事を書いています(^-^)
 http://www.facebook.com/kotoba.no.chikara

 「そうそう、オレは、実は、ライターの
  ***ちゃんのファンなんだよ♪」
 (↑あえて名前は伏せておきます(^-^;;;)

 ありがとうございます(笑)
 Nさんのように、ライター1人1人にファンがついて、
 そのライターが記事を投稿するのを、楽しみに待っていただけるように
 なるといいな~と思っています(^-^)

 それから、もうひとつ、"第2期 個人の時代"が以前と違うところは、
 1人の"声"を広く拡散していく仕組みが整っているということです。

 「どういう意味?」

 例えば、Twitterでつぶやいたら、誰かがリツイートしてくれるとか、
 Facebookに何かを書いたら、誰かがシェアしてくれるとか。

 「ソーシャルナントカ・・・ってやつだな」

 それだけじゃありませんよ。

 例えば、故スティーブ・ジョブズさんは、
 アップルという大企業のトップでしたが、

 私たち誰もが、Youtubeを使って、
 彼の感動的なプレゼンテーションに触れることができました。

 CDを出したり、本を出したりすることも、
 以前よりずっと安価に簡単にできるようになってきています。

 これらの媒体を上手に使えば、1人の声を今までよりも、
 もっともっと遠いところまで、そして広い範囲に届けられるように
 なると思うのです。

 「なるほどねぇ、じゃあ、つまり、
  うちのカーチャンのやり方は間違ってないってことだな!」

 断言は、できないですけどね・・・。

 「え~~~、ナニソレ!」

 だって、また新しい時代に突入したわけですから、
 新しい成功法則は、私たちが、試行錯誤しながら
 作っていかなければならないのです。
 どこにも、正解なんてないんですよ(^-^)

 「むむっ、そうなのか。
  コミヤマさんに教えてもらって、
  楽して儲けようと思ってたのに・・・」

 残念でしたね(笑)

 次回は、本シリーズの最終回として、
 "ユーザー体験シナリオ"がどう変わってくるのか、について
 お話ししたいと思います。


 Nさん、"ユーザー体験シナリオ"って覚えてますか?

 「ええっ、急に振られても・・・(焦)」

 メールマガジンのバックナンバーで復習しておいてくださいね。
 宿題ですよ~♪
 http://kotoba-no-chikara.com/days/
 


   ※このお話はフィクションです。



 ┏━こみやまたみこの「今週のイチオシ・コラム」━━━━━━━━━━┓

 グリーゼのライター達が、隔週でコラムを執筆している
 「コンテンツ・ラボ」の新着から、イチオシのコラムをご紹介します!

 ▼「100年に一度」の当たり年!ボージョレ・ヌーヴォーお楽しみガイド
  (水野 エリコ))
   http://kotoba-no-chikara.com/blog/e-mizuno05

 ボージョレ・ヌーヴォーは、もう試しましたか?
 今年は、久しぶりの当たり年らしいですよ。

 美味しくいただきたい方は、必読です♪

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



 ────────────────────────
 編集後記
 ────────────────────────

 Facebookに毎日のように記事を投稿するようになって、

 「個人の自分」
 「オフィシャルな自分」

 という使い分けができなくなったな~と感じています。

 毎日情報発信していれば、どんなに取り繕っても
 「素のままの自分」が、バレバレになってしまいますよね。

 今までは、「自分の見せ方が上手い人」が成果を挙げるという面が
 あったと思うのですが、

 これからは、そういうやり方は通用しなくなって、
 「本当に人間力がある人」に、自然と人が集まってくるようになると
 思います。

 毎日、心も身体もアンテナも磨いて、素敵な自分でいることが、
 もしかしたら、ビジネスの成功のためにも
 一番大事なことかもしれませんね(^-^)

 それでは、今回はこのへんで。
 次回は、ふくだたみこがお届けします。お楽しみに♪

グリーゼな日々バックナンバー
※掲載されている情報・URLは発行時点のものです。
←グリーゼな日々バックナンバーTOPへ戻る

メールマガジンのご登録はこちらから

このページのトップへ戻る

  • グリーゼの最新セミナー情報グリーゼの最新セミナー情報 »

  • 人気ランキング

    インフォメーション

    サービス一覧