グリーゼな日々バックナンバー

林檎屋のNさん、新ショップコンセプト決定!

林檎屋のNさん、新ショップコンセプト決定!

2011年2月24日
 こんにちは。グリーゼの こみやまたみこ です。

 林檎屋のNさん、こんにち・・・あれ?
 なんか、手と足が一緒に動いてますけど、どうしたんですか?

 「な、何も言うなっ!!」

 え? だから、一体どうしたのかと・・・???

 「コ、コンセプト、決めちゃったよ」

 ええ~~~、もう決定しちゃったんですか!?(汗)

 「ド、ドメインも、取っちゃったよ」

 ええ~~~、またずいぶんスピードアップしましたね。
 どうしたんですか?

 「なんかもう、チンタラチンタラ、考えてるのがイヤになっちゃってさ、
  飲んだ勢いでつい(涙)」

 そ、そうですか・・・(大汗)

 確かに、戦略を考えてる時って、どこかで、ドカンと、
 "あ~もう、いろいろ考えててもよくわかんないから、やっちゃえ!"
 となる瞬間があるみたいですね。

 読者の皆さんは、そこをぐっとこらえて、
 "短気は、損気"にならないように、気をつけてくださいね~。

 「短気は、損気かよ。
  だから何も言うなって言ったのに。トホホ・・・」

 イヤイヤ、もしかしたらいいコンセプトかもしれないので、
 聞いてみましょう(^-^)



 ────────────────────────────
 1:林檎屋Nさんの新コンセプト
 ────────────────────────────
 
 で、Nさん、どんなコンセプトでいくことにしたんですか?

 「かーちゃんと相談してさ、
  この間、コミヤマさんが言ってた、
  フルーツフラワーでいこうってことになったんだよ」

 ほほぉ、そのココロは?

 「まずは、うちが一番自信があるのは、美味しい果物を
  仕入れることなんだから、そこから離れないようにしよう
  と決めたわけ」

 いいですね!

 「ほ、ほんと?」

 とっても、いいと思いますよ(^-^)

 私たち弱小企業は、資金力もないし、時間もないし、人材もいないんだから、
 "一番の強みに集中する"
 ということが大事です。
 ランチェスターの法則ですね(^-^)

 「ラ・・・なんとかは、よくわかんないけどよ。
  果物以外のことはよくわからないから、手を出すのはやめとこうって
  ことになったわけさ。

  でも、普通に売っても売れないわけだろ?

  そこで、ばーさんがお花の師範の免状をもっているのを思い出してさ、
  フルーツフラワーならできるんじゃないかと思ったわけ」

 ふむふむ。
 でも、それだとまだ、アイデアレベルですよね。

 そのアイデアが、採用!に至った経緯を教えてください。



 ────────────────────────────
 2:新コンセプトの検証(1)
 ────────────────────────────

 「よくぞ聞いてくれました!

  ちゃんと、かーちゃんと一緒に、前回のメールマガジンを
  プリントアウトして、考えたんだよ」
  http://kotoba-no-chikara.com/days/komiyama/000055.html

 えらいえらい(^-^)

 「まず売上予測だけどさ、

  ま~これは、はっきり言ってよくわかんなかったんだけど、

  花のギフトの市場っていうのは、とてつもなく大きいわけだから、
  オレらが、そのうち1%でも、いや0.01%くらいでも取れれば、
  目標売上は十分達成できるだろうと考えたわけ」

 ううむ、ちょっと(かなり)大雑把だけど、ヨシとしましょう。
 
 「で、次は、コストだよな。

  これも、はっきり言ってよくわかんなかったんだけど、
  前回、コミヤマさんが、

 "日本では、まだまだ知名度が低いので、
   まず知ってもらうというところに、コストをかける必要があります"

  て言ってたから、結構費用がかかるんだろうなっていうことは、
  わかったよ」

 ですよね。
 で、それは、判断をする上で、躊躇する材料にはならなかったんですか?

 「だろ? オレは、金がかかりそうだからやめようって言ったんだけどさ、
  かーちゃんが、
 "何をやっても広告宣伝費にはお金がかかるハズ。
  だったら、既に知られていて、大手が参入している市場で
  価格競争を繰り広げるよりは、
  まだ、ほとんどライバルがいない市場を狙った方が、
  いいんじゃないか"って言うんだよな。

  どう思う?」

 なるほど~、奥さんさすがですね。
 この件、後でもう少し一緒に考えましょう。

 「で、次のチェック項目が、
  ミッションから、ずれていないかチェックしよう、だったよな。

  これは、フルーツフラワーなら、
  前に決めた"何のためにやるのか"の

 『果物を販売して、売上をあげて、家族の暮らしを支え、
  事業を継続していくため』

  からずれてないから、大丈夫だよな?」

 そうですね(^-^)

 「そして、最後のチェック項目が、
  自分の心に聞いてみよう、だろ?

  オレは、果物を売っていければ、もちろんハッピーなわけだしさ、

  果物をフラワーギフトみたいにして贈れて、
  相手に喜んでもらえて、
  しかも、その後、美味しいって言って食べてもらえるっていうことに、
  かーちゃんが、エラク乗ってるわけ。

  だから、これでいくしかない!と思ったわけよ」

 確かに、奥さんがやる気になっているっていうのは、
 とっても大事ですね(^-^)

 ちょっと、検討する範囲が狭いし、
 検証も浅いのが気になりますが(^-^;

 これ以上、引っ張っていると、
 Nさんのモチベーションが下がっちゃいそうなので、
 とりあえず、「フルーツフラワーの専門店」という方向性で
 いきましょう。

 「とりあえずじゃないってば!」

 スミマセン・・・(^-^;;;
 そういえば、ドメイン取ったって、言ってましたね?

 「そうなんだよ。調べてみたらさ、
  残念ながら、fruit-flower.comは取られてたんだけど、
  あとはいっぱい空いてたから、安いし取っちゃったよ」

 なんだか、いきなりスイッチ入った感じですね~。

 じゃあ、今後の作戦を考えるために、
 もう少し、いろいろ検証してみましょう。



 ────────────────────────────
 3:新コンセプトの検証(2)
 ────────────────────────────

 戦略を考える上で、忘れてはならないのは、
 マーケティングの3Cでいうところの、
 顧客(Customer)、競合(Competitor)ですね。

 「3Cって何だっけ?」

 まあ、そういうのがあるっていう程度の覚え方で大丈夫です(笑)

 まず、競合(Competitor)から見てみましょう。

 Googleで「フルーツフラワー」で検索すると、
 約 634,000 件がヒットします(執筆時点)。

 ただし、「フルーツフラワーのネットショップ」的なサイトは、
 3ページくらいまで見ても出てきませんし、
 リスティング広告も出ていませんね(執筆時点)。

 ですから、少なくとも今の時点では、
 強い競合はいない、ということが言えそうですね。

 「やったね(^-^)v」

 ただし、これは狭義の競合の話ですから、
 今後は、広義の競合のことも考えていく必要があります。

 「なんだっけ、それ(汗)」

 だいぶ前に話しましたけど、忘れましたよね(笑)
 http://kotoba-no-chikara.com/days/komiyama/000019.html
 また、次回以降にこの話はしますから、大丈夫です。

 次に、顧客(Customer)を調べてみましょう。

 Googleキーワードツールで見てみると、
 http://tinyurl.com/2fu9n5o

 フルーツフラワーの月間検索件数は、約8,100件です(執筆時点)。

 「お! そんなにいるのか?
  いいじゃん、いいじゃん」

 いえいえ(^-^;;;

 例え、この人たちが、全員Nさんのサイトに来てくれたとして、
 転換率1%のサイトを持っていたとしても、

 月間81人しか購入しないわけですから、
 客単価1万円だとしても、月商81万円が天井ということです。

 実際には、全員がNさんのサイトに来てくれるなんてことは
 ありえないわけですから、
 市場規模としては、非常に小さいということになります。

 「なんだよ、じゃあダメじゃん」

 いえいえ、だから広告宣伝にコストがかかりますよっていう
 話をしたんじゃないですか。

 「あ、そうだった。
  で、かーちゃんが、それでもいいって言ったんだった。

  でも、大丈夫かよ、ほんとに?」

 大丈夫かどうかは、誰にもわかりません(笑)

 「がくっ☆」

 でも、できるだけ大丈夫に近づけるように、
 次回以降、作戦を考えていきましょう♪

 「おぅ、がんばるよ、よろしくな!」


  ※このお話は、フィクションです。
   fruit-flower関連のドメインも、まだ取得できます。


 それでは、今回はこのへんで。

グリーゼな日々バックナンバー
※掲載されている情報・URLは発行時点のものです。
←グリーゼな日々バックナンバーTOPへ戻る

メールマガジンのご登録はこちらから

このページのトップへ戻る

  • グリーゼの最新セミナー情報グリーゼの最新セミナー情報 »

  • 人気ランキング

    インフォメーション

    サービス一覧