グリーゼな日々バックナンバー

【新発売情報あり】ビジョンとミッション、資産と強み<ショップコンセプトの見直し>

【新発売情報あり】ビジョンとミッション、資産と強み<ショップコンセプトの見直し>

2010年11月25日
 こんにちは。グリーゼの こみやまたみこ です。

 今日から、

 "奥さんと2人で、実店舗の傍らで、細々とやっていければいいや"

 というレベルではなくて、

 "ネットだけで商売が成り立つようにしたい!"

 と言う林檎屋のNさんと一緒に、
 もう一度、ショップコンセプトを見直していきます。

  ※今までのNさんとのやりとりは、バックナンバーでご確認くださいね。
   http://kotoba-no-chikara.com/days/


 もしかしたら、読者の方の中には、

 "いや私は、実店舗の傍らで細々と、っていうレベルでいいです"

 と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、
 こんな↓場合があるということを、考えてみてください。


 ◆数年前に起こった"新潟県中越沖地震"

 この時、町は壊滅状態になりました。
 つまり、"地元のお買いもの客"の需要は、全く
 見込めなくなってしまったのです。

 やむをえず、ご商売を辞めていかれる方がたくさんいらっしゃった中、
 ネットショップを運営していた方達だけは、ネットからの売上で
 息をつくことができました。

 また、柏崎商工会議所も、"がんば716ショップ柏崎"という
 ショッピングモールを、驚くようなスピードで立ち上げ、
 http://www.ganba716.net/
 地域の方達のネット販売を支援しました。


 ◆記憶に新しい宮崎の"口蹄疫被害"

 町からは人が消え、空港にも人気がなく、
 地元客の購入も、観光客の購入も、途絶えてしまいました。

 この時、一部の企業を支えたのが、やはりネット販売でした。

 新潟の方にも、宮崎の方にも、後で、

 "こみやまさん、ネット販売をやっていて本当によかった"

 と言われました。

 実店舗だけに売上を依存していて、
 ネット販売は"オマケ"という位置づけでいると、
 このように、実店舗に"何か"あった時に、
 どうにもならなくなってしまいます。

 リスクを分散するという意味でも、

 "ネットだけでも、会社や家族を支えられるような売上を作っておく"

 というのは、重要なことだと思います。


 前置きが長くなりましたね。
 では、さっそく始めましょう。



 ────────────────────────────
 1:最初に考えるべきこと~ビジョン
 ────────────────────────────

 Nさん、こんにちは!

   「こみやまさん、最初から、演説しすぎ!」

 すみません(^^;

 というわけで、
 Nさんのショップコンセプト="誰に、何を、どう売るか"を、
 もう一度、イチから考えていきましょう。

 ショップコンセプトを考える上で、
 まず最初に明確にしておいた方がいいのは、
 "ビジョン"です。

   「ビ・・・なんだって?
    もぉ~日本語で言ってくれって、いつも言ってるだろ!」

 すみません(^^;;;

 ビジョンというのは、平たく言うと"どうなりたいか"ってことですね。

 Nさんは、"ネットだけで商売が成り立つようにしたい!"って
 おっしゃってましたけど、

 それって、具体的には、年商で
 どのくらいになれればいいなってことですか?

 あるいは、自分の年収として、いくらくらい欲しいか、でもいいですよ。

   「え~、そんなの、どうでもいいじゃん(照)」

 どうでもよくないですよ(笑)

 年商で3千万売れればいいっていうネットショップと、
 3億売りたいっていうネットショップと、
 300億売りたいっていうネットショップでは、

 ショップコンセプト="誰に、何を、どう売るか"が、
 変わってくるからです。

   「???」

 例えばですね、Nさんがお米屋さんだったとしますね。

 で、お米で月商1億、年商12億の売上を上げたいと思ったとしますね。

   「そりゃまた、豪勢だね!」

 お米10キロが、5,000円だったとすると、

 12億円 ÷ 5,000円 = 240,000個(10キロ袋)
 つまり、年間で、2,400トン販売しなきゃいけないわけですね。

   「多分・・・計算できないけど」

 で、日本でお米が年間どのくらい消費されてるかというと、
 ある統計調査によると、823万トンだそうです。

   「お、じゃあ、2,400トンくらい、いけそうじゃんか」

 いやいや(^^;;; みんながみんなネットで買うわけじゃないですからね。

   「そりゃそうだ。みんなどのくらいネットで買うものなのよ?」

 そうですね~。
 この「ネット化比率」というのは、一概には言えないものなのですが、
 例えば、ある統計調査によると、

 スーパーの市場規模は、12兆8,349億円で、
 ネットスーパーの市場規模は、284億円なんだそうです。

 つまり、スーパーの場合は、
 ネットの売上規模は、全体の0.2%ってことなんですね。

 この比率を、お米を当てはめると、

 823万トン × 0.2% = 1.6万トン

 が、ネットの市場規模ということになります。

   「ほ~、多いのか少ないのか、さっぱりわからないけど」

 で、Nさんは2,400トン売りたいわけですから
 ネット市場1.6万トンのうち、15%のシェアをとらないと、
 目標額が達成できないわけですよ。

   「それは、大変なことかね?」

 今、Yahoo!で"米 販売"で検索したら
 約204,000,000件ヒットしました。
 そんなにたくさん競合がいる中で、

 これからショップを立ち上げて、
 15%のシェアを獲得するって、簡単なことじゃないですよね?

   「簡単か、簡単じゃないか、全然わからん☆」

 そうですね(^^;

 まあ、でも、大変だけど、市場としてはあるわけですから、
 年商12億は、達成できなくはないかもしれません。

 でも、これが300億売りたいとか、1,000億売りたいとかだったら、
 そもそも、お米の専門店では無理!ってことはわかりますよね?

   「まあ、そうだな」

 ですから、明確な数値目標でなくても構わないので、

 "大体このくらいのサイズのビジネスにはもっていきたいな"

 というイメージを持つことは、ショップコンセプトを考える上で、
 とっても大切なことなんです。


 で、Nさん、具体的には、ネット販売だけで、
 年商でどのくらいになりたいですか?

   「う~ん、万が一、実店舗がポシャッても、
    子ども達を、行きたい大学に行かせてやれるくらいには
    しておきたいよな」

 ということは?

   「オレとかーちゃんだけでやるとしたら、
    年商5千万くらいかなあ・・・」

 じゃあ、まずは、それを"ビジョン"としましょう(^^)



 ────────────────────────────
 2:最初に考えるべきこと~ミッション
 ────────────────────────────

 次に、"何のために、ネット販売するの?"っていうことを考えましょう。

   「そりゃ、生活のためでしょう」

 それだけですか?

   「え? そう言われると・・・」

 生活のためだけだったら、"売れるものを売る"方が簡単ですよね。

 以前、編集後記にも書きましたが、
 今、ネット販売をしていて、
 "売れない~売れない~"って悩んでいる方達は、
 "売れるものを売る"のではなく、

 ・売りたいものを売る(自己実現型)

 または、

 ・売らなければならないものを売る(2代目型・在庫処分型)

 のどちらかです。

 つまり、"売上を上げる"ことだけが目的じゃなくて、

 ・自分が好きなものを売って、売上を上げたい

 とか、

 ・会社を継続していかなきゃいけないけど、
  実店舗の売上がジリ貧だから、なんとかネットで商品を回転させたい

 などが目的の場合には、

 "何を"売るかが、固定されてしまうんですね。

   「みんなそうじゃないのかい?」

 いえいえ、マーケッターさんなんかだと、緻密にリサーチを重ねた上で、
 "売れるもの"を売っている場合も多いですし、

 企業が、新規事業としてネット販売を考える場合にも、
 "何が売れるか"をリサーチしてから、
 ショップコンセプトを決める場合が多いですよ。

   「なるほどね~」

 Nさんは、どちらのタイプですか?

   「そうだな~。
    果物がネット販売に絶対向かないっていうのであれば、
    別の商売を考えてもいいけど、

    じーさんの代からやってる商売だから、
    できれば果物屋でいきたいな~」

 では、Nさんが"インターネット販売を行う目的"=ミッションは、

 "果物を販売して、売上をあげて、家族の暮らしを支え、
  事業を継続していくこと"

 としましょう(^_^)


    「おいおい、ビジョンとか、ミッションとかって、
    そんな、しみったれたものでいいのかよ?」

 いいんです、いいんです。

 そのうち、売上が大きくなって、従業員さんを抱えるくらいに
 事業が成長してきたら、だんだんと、ビジョンもミッションも
 変わってきますから、最初は小さくたっていいんです。

 (もちろん、最初から"日本一を目指す!"というビジョンを描いたり、
 "社会に貢献する!"というミッションを掲げたりしても、
  全く構いません(^_^))



 ────────────────────────────
 3:次に考えるべきこと~資産と強み
 ────────────────────────────

 Nさんの場合、ミッションは、

 "果物を販売して、売上をあげて、家族の暮らしを支え、
  事業を継続していくこと"

 ですが、

 今のショップコンセプトのままでは、年商5千万を
 達成することは難しい・・・

 これが、悩みということですね。

   「まぁ、そうなるな」

 では、どんなショップコンセプトなら、年商5千万が可能かどうかを
 一緒に考えましょう。

 ここでやるべきことは、"資産"と"強み"の洗い出しです。

 "資産"と"強み"、前回お話しましたよね。覚えてますか?

   「はい、はい、はい!」

 お、Nさん、どうぞ。

   「資産とは、それがある・それを持っている
    ということ自体に価値があること

    強みとは、他と比べた時に価値があること!」

 ほほぉ~、すごいっ!

   「へへへ、かーちゃんが、この問題は絶対出るからって、
    紙に答えを書いてくれたんだよ♪」

 いい奥さんですね(笑)

 では、"資産"と"強み"の洗い出し、してきましたか?

   「それがさぁ~、別にこれといって・・・」

 そんなことないでしょう?

   「いや、うちはごく普通の果物屋だからねえ。
    珍しい果物を仕入れられるったって、ほんのちょっぴりだし」

 でも、他の果物屋さんとは違うところなのですから、
 それは"強み"に入れておきましょうよ。

 それから、おじいさんの代からということは3代続いてるわけですね?
 それは、歴史があるということですから、
 "資産"に入れておきましょう。

   「え? そんなのでもいいの?」

 ここでは、使えるか使えないかは、置いておいて、

 ・もしかしたら、これも資産といえば、資産かも

 ・もしかしたら、これも強みといえば、強みかも

 というものがあったら、どんどん出していきましょう。

 後は・・・Nさんや奥さんが、今までにやってきたことの中に、
 何か"資産"とか、"強み"になりそうなものってないですか?

 例えば、何かの認定を受けてるとか、資格を持ってるとか、
 何かがすごく得意とか・・・。

   「資格でもいいのか。
    うちのかーちゃんは、確か保育士の免許を持ってるよ」

 いいですね~。そんな感じです。

 後は、ご自分や奥さまだけでなく、
 スタッフがいれば、スタッフの"資産"と"強み"、
 友達の"資産"と"強み"なども、どんどん出してみましょう。

   「へ~、そんなのもアリなのか。
    じゃあ、うちのばーさんは、
    お茶とお花の師範の免状を持っているし」

 そうそう。

   「うちのかーちゃんと仲がいい近所のオクサンのダンナさんは、
    有名なパティシエらしくて、よく雑誌に載っているし」

 いいですね~。それから、それから?

   「え~っと、え~っと、

    あ、オレの飲み友達の1人はグルメ雑誌の記者で、
    たま~にうちの林檎のことを書いてくれるし」

 うんうん。

   「え~、オレは、酒なら、なんでも好き嫌いナシ!」

 とりあえず、それも入れておきましょう(笑)


 こんな感じで、とにかくどんどん出していくことです。

 1つだけ取り出してみると「だからナンナノ?」的なものでも、
 組み合わせれば、大きな力になることがありますから。

 例えば・・・

 <珍しい果物 × パティシエ>

 で、何か商品開発できるかもしれない、とか、

 さらに、

 <珍しい果物 × パティシエ × お茶(お花)>

 にしたら、何か面白いことができるかもしれない、とかね(^_^)v

   「へぇ~、面白いな!」

 でしょでしょ?

 ですから、こんな調子で、どんどん、

 ・もしかしたら、これも資産といえば、資産かも
 ・もしかしたら、これも強みといえば、強みかも

 ということを書き出してみてくださいね。

 書き出したものをどう使うかは、
 次回以降、ご説明しますので、お楽しみに♪


 ...........................【本日のまとめ】.................
 ネットショップを立ち上げる時、または、リニューアルする時には、
 まず、

 1)"どうなりたいか"(ビジョン)を明確にする。

 2)"何のためにやるのか"(ミッション)を明確にする。

 次に、

 3)"資産"(それがある・それを持っているということ自体に
    価値があること)を、徹底的に洗い出す。

 4)"強み"(他と比べた時に価値があること)を、
    徹底的に洗い出す。

 ............................................................

  ※このお話は、フィクションです。


 た、た、た、た、大変お待たせいたしましたっ!!!

 えっ、何がって?

 待っていた方は、待っていてくださったと思うのですが、

 「インターネット成功の黄金律」の続編を、

 や~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っと、

 リリースいたしましたっ。


 ▼設計・制作編
 http://gliese.jp/gliese/7.1/101400/

  ▼PDCA編
 http://gliese.jp/gliese/7.1/101500/

 どちらも、だいぶ前に収録は済んでいたのですが、
 私がぐずぐずしていたばっかりに、今頃のご案内になってすみません(涙)



 ◆「設計・制作編」は・・・

 「分析・戦略編」で立案した戦略を、
 どのように「ウェブサイト」という形に落とし込んでいくのか、という、

 「ウェブサイト」の設計をするための講座です。

 ほんとは、すご~く大事な講座なんですけど、

 最近、全国でやっている連続セミナーは、なぜか、
 「分析・戦略編」の後、いきなり「PDCA編」に飛んでしまうため、
 戦略とリンクしないウェブサイトが立ち上がってしまう場合も多く、

 そうすると、「PDCA編」をやり始めてから、

 「あれ? このサイトってどんな戦略に基づいて作ったの?」

 という話に戻らなければならなくなって、とっても効率が悪いのです。

 ですから、ぜひ、ホームページを立ち上げる前に、
 あるいは、ホームページのリニューアルに着手する前に、聴いてください!
 http://gliese.jp/gliese/7.1/101400/

 (「ウェブサイトの設計」に関する話ですので、
  制作に関する技術的な話は、一切含まれていません。)


 ◆「PDCA編」は・・・、

 動きだしたウェブサイトで、いかに売上を上げるかという
 ショップ運営・サイト運営の講座です。

 こちらは、「考える」というよりは、
 「やるべし!やるべし!」という実践の講座です。

 ちゃんとやれば、絶対に数字が伸びて、費用対効果がわかりやすいので、
 今、全国的に、いちばん人気のある講座です。
 http://gliese.jp/gliese/7.1/101500/

 この講座まで受講すると、
 「今までやってきたことは、無駄ではなかった!」
 ということが実感できるはずデス(^_^)


 ◆それから、ふくだたみこの「プレスリリースの書き方講座」。
 http://gliese.jp/gliese/7.1/205100/

 プレスリリースを武器にしている会社さんを何社か知っていますが、
 どこも上手に、無料で、メディアに宣伝してもらって、
 会社を成長させています。

 そういう会社さんは、プレスリリースの書き方が上手なわけじゃなくて、
 「メディアが取り上げたくなるように」記事を見せるのが
 上手なんですよね。

 でも、その「見せ方」がわからないから、

  「プレスリリース、やってみたけど、うちは、全然効果がなかったよ」

 ということになっちゃうわけです。


 そんなお悩みを解決するために!

 ふくだたみこの「プレスリリースの書き方講座」には、

 メディアの注目度を上げる7つの質問
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 というサブタイトルがついています。

 広告費は、かけられない!
 でも、なんとかメディアに露出して、知名度を上げたい!!

 という方は、ぜひこの「プレスリリースの書き方講座」に、
 5,250円(消費税 込・送料込)投資して、
 「メディアの注目度を上げる7つの質問」を手に入れてください。
 http://gliese.jp/gliese/7.1/205100/


 ◆その他、「女性起業家による女性起業家のための」
  2コインで購入できる新シリーズも登場♪

 企画提案編
 http://gliese.jp/gliese/7.1/301100/

 ビジネスブログ編
 http://gliese.jp/gliese/7.1/302100/


 ・勉強したい! でも、セミナーに行く時間はとれないっ!!

 という方には、オーディオブックは、本当にオススメです。

 ・でも、音声を聴くだけで、本当に身につくのかなあ~

 とご心配の方は、まずは、手頃なお値段のものから試してみてください。


 ▼過当競争時代に生き残るための
  お客様に選ばれるネットショップ戦略立案講座
  ~ USPのないショップには、存在価値がない!~
  http://gliese.jp/gliese/7.1/103101/

  3,150円(消費税 込・送料込)!!
  ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 ▼来店者をガンガン増やす!携帯メルマガの書き方講座(基礎編)
  http://gliese.jp/gliese/7.1/204101/

  5,250円(消費税 込・送料込)!!
  ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


 それでは、今回はこのへんで。

グリーゼな日々バックナンバー
※掲載されている情報・URLは発行時点のものです。
←グリーゼな日々バックナンバーTOPへ戻る

メールマガジンのご登録はこちらから

このページのトップへ戻る

  • グリーゼの最新セミナー情報グリーゼの最新セミナー情報 »

  • 人気ランキング

    インフォメーション

    サービス一覧