グリーゼな日々バックナンバー

番外編 2009年インターネットビジネス総括

番外編 2009年インターネットビジネス総括

2009年12月24日
 メリークリスマス♪グリーゼの こみやまたみこ です。

 2009年の「グリーゼ!な日々」の配信は、今号が最後になります。

 ということで、
 今回は、林檎屋さんの話はちょっとお休みして、
 最近のインターネットビジネスについて思うことを、
 つらつらと書いてみたいと思います(^^)

 皆さんにとって、2009年は、どんな1年でしたか?
 リーマンショックをきっかけとした「不況のダメ押し」は、
 皆さん自身や皆さんの会社に、どんな影響を与えたのでしょうか?

 私が、2009年を象徴するキーワードとして挙げておきたいのは、
 以下の3つです。
 
  1: ミッションへの回帰
  2:「既存顧客」「会員」とのコミュニケーションの見直し
  3: セオリーの崩壊

 以下、順に解説していきます。



 ────────────────────────────
   1:ミッションへの回帰
 ────────────────────────────

 あるオンラインショップ店長さん向けのセミナーで、
 「ペルソナデザイン」「ポジショニングマップ」等について、
 お話した時に、

 一番最後に

 「でき上がった設計資料を、何回も読み返してみてください。

  どんなにロジック的に完璧な戦略であっても、
  自分の"想い"とずれていたら、
  その戦略は成功しないからです」

 「今まで、たくさんの受講者の方を見てきてわかったのですが、
  人は、"これなら売れる"とわかっていても、
  違和感を感じる戦略に対しては、頑張れないのです。

  自分が気持いいと感じる場所を見つけられれば、
  自然とエネルギーが湧き上がってくるはずです」

 という話をぽろっとしたところ、
 「そこが一番心に残った」という感想を、たくさんいただきました。

 今まで、「ノウハウ」や「テクニック」に振り回されて、
 右往左往していた店長さん達が、

 「な~んか、これって違うんじゃないの?」

 と思い始めていたからではないかと思います。



 漫画の話で恐縮ですが、「ワンピース」という漫画の中で、
 主人公が、仲間を守る時、
 普段の何倍ものパワーを発揮するという場面があります。

 もともと持っている潜在能力が100だとすると、
 普通に戦っている時に出ている力は、50くらい。

 ところが、「俺が、絶対仲間を助ける!!!」と思った時に、
 彼の力は100どころか、150くらい発揮されるのです。

 そういう場面を何度も重ねることで、
 彼は、戦いながら、次第にパワーアップしていくのです。

 あなたにも、そういう経験がありませんか?

 例えば、受験で、「どうしてもこの高校に行きたい!」と思った時、
 普段の自分では信じられないくらいに頑張れた、とか

 「めちゃくちゃワクワクする♪」仕事をしている時には、
 ものすごいハードワークでも、全然苦にならないし、
 自分でもびっくりするようなアイデアが次々に湧いてきた、とか。



 つまり、能力というのは、
 「スキル」と「エンジン」の2つに分かれていると
 思うのです。

 「スキル」というのは、勉強とか訓練で身につくものです。
 脳で言うと、「左脳」にスタックしていくものですね。

 でも、それを発揮するためには、「エンジン」が必要で、
 「エンジン」は、心、気持ち、感情です。
 脳で言うと、「右脳」がつかさどっている部分ですね。

 会社で考えると、「なぜこの事業をやるのか」
 「なぜこれを売るのか」「誰の笑顔を見たいのか」という、
 ミッション・理念に当たるのが、この「エンジン」です。
 (ただのお題目として掲げているミッション・理念ではないですよ。
 "創業時の想い"のようなものです)

 そして、この部分は、人としての本質的な部分なので、
 コントロールできるものではないし、
 無視することもできないのです。

 そこに多くの方が気づいたからこそ、


  "「ノウハウ」や「テクニック」だけでは、売上は上がらない、

    たとえ上がったとしても、一時的なものでしかない。

    継続して、事業を維持発展させていくためには、
    自分の「エンジン」が何なのかを知ることが大事なんだ"


 ということに、目が向くようになってきたのでしょう。

 あなたの「エンジン」は、どんな時によく燃えますか?
 年末年始のお休みにでも、じっくり考えて(感じて)みてください。

 「自分が本当にやりたいこと」「大好きなこと」のために
 「スキル」を使った時に、初めて、
 今まで学んだことが、生きてくるのではないかと思います。
 


 ────────────────────────────
   2:「既存顧客」「会員」とのコミュニケーションの見直し
 ────────────────────────────

 長引く不況は、
 すっかり消費マインドを、冷え込ませてしまいました。

 世代的にも、今の20代~30代は、嫌消費世代と言われていて、
 『「欲しがらない」若者たち』という本まで出ているくらいです。

          ※嫌消費=ケンショウヒと読むのでしょうか。
               本にも読み方は出てきません。

 ということは、つまり、
 「新規顧客」の獲得が、非常に難しくなってきているということで、

 ということは、つまり、今まであまり目を向けていなかった
 「既存顧客」とか「会員」とかを刺激して、
 買っていただくしかないということなんですね。

 これはもう、弊社では、昨年から、
 皮膚感覚として実感していました。

 なぜかと言うと、弊社は、
 メールマガジンを使って、既存顧客や会員の活性化を図ることを
 得意としている会社だからです。

 新規顧客をバンバン獲得して、
 その人達に、セールスのメールマガジンを
 バンバン出せば売れていたような時代には、

 弊社みたいに

 「コミュニケーションがとれ始めるまでに、
  最低でも3カ月~6か月はかかります」

 とか

 「コミュニケーションが売上に繋がるまでには、
  1年以上かかります」

 なんて悠長なことを言っている会社は、
 あまり目に留めていただけなかったのですが(笑)

 不況になってみると、
 「顧客の活性化」「ファン化」「顧客生涯価値の創造」
 ということを考えた時、

 メールマガジンというのは、
 実は、一番お金のかからない道具なんですね。

 ですので、昨年後半から、会員の活性化等を目的とした
 お仕事のご依頼が急増しているのです。

 まず最初に、会員獲得にコストをかけてきた比較的大きな会社が、

 「今までなんとなく集めていただけだった、あの会員リスト。
  あれを使って、なんとか売上を上げられないか?」

 ということに気づきました。

 そして、ここにきて、中小零細のオンラインショップさんも、
 自分の「手札」である「既存顧客」「会員」が
 いかに重要かということに、気づき始めているようです。

 皆さんは、「既存顧客」「会員」に対して、
 どんなコミュニケーションプランを立てて、実行していますか?

 「全然やってない」とか
 「行き当たりばったり」「思いついた時に」というのは、
 非常にもったいないと思います。

 確かに、コミュニケーションは、手がかかるし、
 時間もかかるし、テンプレートでは済まない分、
 面倒だとは思いますが、

 「セグメント化されたお客様と」
 「継続的に」
 「お客様に喜んでいただけるような」(注:値引きだけではありませんよ!)

 コミュニケーションをとっていけば、
 必ず売上に繋がります。

 「なるほどね~」と思ってくださった方は、まず、
 既存顧客リストの、属性や購入履歴を整理するところから
 始めてみてくださいね。

 思わぬ発見も、たくさんあると思いますよ!


     ※そうそう、コミュニケーションといえば、
      今、一番注目されている道具は、Twitterですよね。

      弊社にも、よくお問い合わせをいただくのですが、
      Twitterというのは、メルマガやブログよりも、
      もっとパーソナルなコミュニケーションの道具だと、
      私は、思います。

      ですから、メルマガやブログなどで、
      パーソナルなコミュニケーションを経験していない企業や、

      メルマガやブログはやっているけれど、
      「オフィシャルメッセージ」の域を出ていない企業が、
      いきなりTwitterに手を出すのは、とても危険だということを
      追記しておきます。



 ────────────────────────────
   3:セオリーの崩壊
 ──────────────────────────── 

 ネット業界を牽引してきたトップランナーの方達が、
 ここに来て、自社の戦略(誰に、何を、どう売るか)を、
 根本から見直すということを、始めていらっしゃいますね。

 その理由は、トップランナー達が持っていた
 成功のセオリーが通用しなくなってきたからだろうと思います。

 「え? そうなの?
  ○○さんだったら、まだまだイケるのに、
  イチから見直すなんてもったいない!」

 と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

 彼らは、10年以上もトップランナーであり続けたわけですから、
 それだけ、「迫りくる危機」に対して、誰よりも敏感なはずです。

 まだ、ほとんどの人は気づいていないけれど、
 「潮目が変わってきた」ということに、
 トップランナー達は、気づいているのではないでしょうか。

 そして、「潮目が変わってきた」今だからこそ、

 「これから始める人」、「始めたばかりの人」、
 「今まで本気じゃなかった人」
 「今まで本気だったけど、やり方がわからなかった人」

 にも、勝機があると思うのです。

 今までのトップランナー達を見ていると、
 勝敗を分けていたのは、
 なんといっても「センス」だったと思います。

 彼らは、「何が商売になるのか」を、
 天才的な嗅覚で嗅ぎつけます。

 そして、速効でサイトを立ち上げてしまいます。

 サイトをオープンしたあとも、
 右に行けばいいのか、左に行けばいいのかを、
 天才的な「勘」で嗅ぎ当てていくのです。

 彼らが講演などで、ロジックのようなことを語ったとしても、
 その多くは、あと付けであることがほとんどです。

 ですから、先行者であればあるほど、

 「ごちゃごちゃ考えてないで、まずはオープンしろ」
 「ショップをオープンしてから、走りながら考えろ」

 とおっしゃるのですね。

 でも、そのやり方が通用しない時代がやってきたということを、
 彼らこそが知っているのです。

 これからは、「戦略」の時代です。

 「売れるか売れないかわからなくても、
  売れると信じて売れば、売れる」

 という時代は終わったのです。

 これからは、「売れるべくして売れる」時代だと思います。

 ところが、トップランナー達も、
 「売れるべくして売れる」戦略を立案してから
 サイトオープンするということは、今まで経験していません・・・

 そういう意味では、トップランナー達と、
 今のところスタートライン付近をうろちょろしているあなたは、
 同じレベルだということです。

 ぜひ、戦略の立て方をしっかり学んで、
 「次の時代を担うトップランナー」を目指して、
 「売れるべくして売れる」ビジネスを構築してくださいね!



 ────────────────────────
  ■編集後記にかえて ~ 変化の胎動 ~
 ────────────────────────

 本文に書いた、『「欲しがらない」若者たち』の話の続きです。

 この本の表紙には、
 「クルマ買うなんてバカじゃないの?」と書かれていて、
 思わず噴き出してしまったのですが、

 まさに、これが、これから消費の中心を担っていく世代の
 感性だと思います。

 私は、バブルを謳歌した、物欲旺盛な世代なのですが、

 小学校高学年の時に、
 「サーキットの狼」という漫画が流行っていて、
 
 修学旅行のバスが、高速道路に差し掛かった時に、
 男子が、みんなして窓に張りついて、

 「うぉー、ロータス・ヨーロッパだ!」
 「あれは、ランボルギーニ・カウンタックだ!!」
 「すっげーーー!!!」

 と騒いでいたのを、今でもよく覚えています(笑)

 それが、ン十年後には、
 「クルマ買うなんてバカじゃないの?」
 という時代が来るなんて、夢にも思っていませんでした。

 今はまだ、ペルソナデザインで、若い世代を設定している方に、

 「その世代は、物欲がないから難しいですよ~。
  バブルを経験している世代の方が、売りやすいですよ」

 というお話もできるのですが、

 バブルを経験している世代が、いつまでも、
 消費の中心を担っていけるわけではありません。

 つまり、多くのオンラインショップさんが
 当たり前のようにやっていらっしゃる、
 キャッチコピーや販促企画などで、物欲を煽るような売り方は、
 近い将来、通用しなくなるということです。

 自分の子ども達を見ていても(小5と中3です)、

  私  「今日は気分がいいから、なんか好きなもの買ってあげるよ~♪」

 子ども達「え~、別に欲しいものないし、要らな~い」 

  私  「今日は、久しぶりにゆっくりできるから、
      ぱーっと、どこかにご飯食べに行っちゃう~?」

 子ども達「え~、あるものでいいから、家で食べたい・・・」 

 というふうに、本当にお金を使うことが好きじゃないのです。

 彼女達が大人になる頃、
 物販の世界はどんなふうに変わっているのでしょうか。

 どんな商品、どんな売り方が、
 「物欲がなく」「お金を使うことが好きじゃない」世代に
 受け入れられるのでしょうか。

 「煽って売る」やり方が、通用しなくなるのは、
 まだまだ先だと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、
 『「欲しがらない」若者たち』は、今20代~30代。

 彼らが、今、消費を支えているバブル世代の年齢に追いつくまで、
 あと10年前後しかないのです。

 その時、あなたの会社は、誰に何を売っているのでしょうか。
 あなたの会社の存在理由は、今と同じであってもいいのでしょうか。

 消費文化は、景気とは関係のない次元でも、
 見えないところで、ゆっくりと変化を起こしています。

 変化にどう対応していくのか、
 ぜひ読者の皆さんのお考えを、お聞してみたいです(^^)

      ※ご意見は、このメールに返信する形でお送りください。

 
 それでは、今回はこのへんで。

 本年は、大変お世話になりました!
 来年も、ますます、よろしくお願いいたします。

 新年号は、ふくだたみこがお届けします。

グリーゼな日々バックナンバー
※掲載されている情報・URLは発行時点のものです。
←グリーゼな日々バックナンバーTOPへ戻る

メールマガジンのご登録はこちらから

このページのトップへ戻る

  • グリーゼの最新セミナー情報グリーゼの最新セミナー情報 »

  • 人気ランキング

    インフォメーション

    サービス一覧