グリーゼな日々バックナンバー

Q: ページを移設する際に、SEO的に配慮すべきことは?

Q: ページを移設する際に、SEO的に配慮すべきことは?

2018年5月10日

【2018年5月10日】

こんにちは。グリーゼの 福田多美子 です。

GWはいかがお過ごしでしたか? 私はGW前半、自宅でぼんやり休んでいたので、ちょこちょことSEOのツールを使って自社サイトやクライアントサイトなどを調べていました。

通常の営業日は日々の仕事に追われ、なかなか案件に直接関係のない調査などの時間が取れないので、長期休暇っていいですよね。SEOのツールを触っていると、いろんな発見があるので好きなのです。

SEOといえば、先日某企業さまからSEOに関するこんな質問をいただきました。


─────────────────

◆Q: ページを移設する際に、SEO的に配慮すべきことは?

─────────────────

某企業では、BtoC向けのさまざまなソフトウェアやハードウェアを開発/販売しています。これまでは、この企業のすべての製品を、ひとつのWebサイトに掲載し販売を行ってきました。

 

今年、ある話題性のある商品が誕生したことをきっかけに、この商品だけを独立させて新しいWebサイトを作ることになりました。

 

そこで弊社にお問い合わせをいただき、先日初回ミーティングの実施となったのです。

 

現在、新ブランドサイトを準備中。既存のWebサイトから、この商品に関するページをすべて取り出し、新サイトに移設することにしたそうです。

 

そこでこんな質問をいただきました。

 

ページを移設する際に、SEO的に配慮すべきことはどんなことがありますか?

 

─────────────────

◆A:重複コンテンツへの配慮と、既存ページ削除のタイミングに注意しよう

─────────────────

ページを移設する際に、SEO的に配慮すべきことはいろいろありますが、まずは2点をお伝えします。

1)重複コンテンツへの配慮

SEOの観点で一番注意してほしいのは、重複コンテンツです。Googleでは、重複コンテンツを以下のように定義しています。

 

---Googleの定義 ここから---

一般に、重複するコンテンツとは、ドメイン内または複数ドメインにまたがって存在する、他のコンテンツと完全に同じであるか非常によく似たコンテンツのブロックを指します。

---Googleの定義 ここまで---

 

重複コンテンツがあると、一方のページ(基本的には後からできたページ)がGoogleからペナルティを受ける危険性があります。

同時に重複ページがインターネット上にアップされた状態にならないように注意しましょう。

ただし、新規ページを作った途端に既存ページを削除してしまうのは危険です。

どういうことかと言いますと・・・

2)既存ページ削除のタイミング

 既存ページは、既にGoogleにインデックスされているケースがほとんどです。ユーザーがGoogleで検索した場合、既存ページが検索結果として表示される状態になっているという意味です。

 

既存ページには、これまでのWebサイト運営によってSEO的な力が蓄積されているので、突然削除してしまうのはもったいないのです。

では、どうしたらよいのでしょうか?

 

実はGoogleには、上記の悩みを解決するための手順とツールが準備されています。あまり知られていないようなので、ぜひこの機会にご覧ください。

 

Google:URL の変更を伴うサイト移転

Google:アドレス変更ツールの使用

他にも、ページを移設する際に、SEO的に配慮すべきことはたくさんあります。

順を追って丁寧に対応してくださいね。

・新規WebサイトにおいてどんなSEOを行うかを検討

・キーワード選定の実施

・各ページへのキーワードの割り当て

・割り当てたキーワードを各ページのタイトルタグ、ディスクリプションタグ、H1タグ等に書き込むこと

・本文中のキーワードのチューニング

 

SEOに関すること、いつでもご相談ください。

 

▽▽福田多美子の「イチオシ!」▽▽

 グリーゼでは、最近ホワイトペーパー(eBook)制作のご相談をいただくことが増えています。多いのは事例を制作するケースと、アンケートによる調査レポートを制作するケース。

 グリーゼでもアンケートから作る調査レポートをたくさん作っています。

 

グリーゼの8種類の調査レポートと1種類の事例(インタビュー)

 

─────

編集後記

─────

4月にお休みをいただき、ハーフマラソンにチャレンジしてきました。

通常ハーフマラソンというと2時間半や3時間という時間制限がある場合が多いようですが、私が出た「ハパルア」というマラソン大会は時間無制限。ゴールするのをいつまでも待ってくれるというルールでした。

 

ホノルルマラソンのコースの一部を切り取った約21キロは、ワイキキビーチの前からスタートし、アラモアナショッピングセンター、カメハメハ大王像をまわって、最後はダイヤモンドヘッドを1周する観光コース。

初めてのハーフマラソンでしたが、友だちと二人そろって3時間ちょっとでゴールできました。だいぶ歩きましたが(笑)

子どもたちも大きくなったので、今しできないことに少しずつチャレンジしていきたいと思います。

それでは今回はこのへんで!

次回は、江島民子がお届けします。

お楽しみに!

 

*外部サイトへのリンクが切れている場合があります。ご了承ください。
*ご登録は、こちらからお願いいたします。

グリーゼな日々バックナンバー
※掲載されている情報・URLは発行時点のものです。
←グリーゼな日々バックナンバーTOPへ戻る

メールマガジンのご登録はこちらから

このページのトップへ戻る

  • グリーゼの最新セミナー情報グリーゼの最新セミナー情報 »

  • 人気ランキング

    インフォメーション

    サービス一覧