グリーゼな日々バックナンバー

Q:音声検索が増えるとSEOはどう変わるの?

Q:音声検索が増えるとSEOはどう変わるの?

2017年12月14日

【2017年12月14日】

こんにちは。グリーゼの 福田多美子 です。

とても緊張しています。

じつはつい先日まで、SEOに関する本の執筆を行っていました。

ようやく脱稿。

12月21日(木)の出版予定日が近づき、どきどきしているところです。

きょうは、この本でも触れた「音声検索」について書いてみたいと思います。


─────────────────
◆Q:音声検索が増えるとSEOはどう変わるの?
─────────────────

「OK!Google」のCMでもお馴染みの音声検索。みなさんは活用していますか?


恥ずかしがりやの日本人。

「音声検索はそんなに普及しないのでは?」という声もありましたが、いやいやどうして・・・

街中でもスマホに向かって語りかけ、音声検索をしている人が少しずつ増えてきました。
若者だけではありませんよね。スマホの普及率が伸びているシニア世代も音声検索を活用しています。

本の企画中、編集者の方からふと出た質問が「音声検索が増えるとSEOはどう変わるんですかね?」でした。

あなたはどう変わると思いますか?

─────────────────
◆A:SEOは複雑になります
─────────────────

音声検索が普及すると、検索のシーンはどんなふうに変わるのでしょうか?

いちばん大きい変化は「単語検索から文章検索への変化」です。

検索といえば私たちは「渋谷 映画館」「スマホ 充電 倍速」などと単語を並べて検索します。

ところが音声検索の場合は、テレビCMの影響もあってか・・・「渋谷で駅から近い映画館を教えて~」とか「スマホの充電を早くする方法を調べて~」などと文章での検索が増えてきます。

話しかける文章、使用する単語などは、個人の話し方などに依存します。

人によって検索に使う文章がバラバラになってくる、統一性のない検索が増えてくるということになります。

Googleによると「日々検索される語句のうち15%は今までに検索されたことのない新しい語句である」とのこと。

日々「新しい語句」での検索が繰り返されているのです。

文章検索が増えることによって、SEO担当者としてはキーワードの洗い出しが難しくなってきます。

いままでは、Googleサジェストを洗い出したり、キーワードプランナーで検索需要を調べたりして対策すべきキーワードを抽出してきました。いずれも「過去のデータ」からのピックアップです。

今後ももちろん「過去の検索キーワード」は参考になりますが、それだけでは足りない状況になってきたということです。

【まとめ】

音声検索が普及してくると、いままでのSEOのやり方が通用しなくなってきます。

ここで慌てることなく、王道のSEOに立ち戻ることが大切だと思います。

Googleの方針は「検索者にとって最適なページを上位に表示する」ということ。

私たちは「ユーザーが本当に探しているものは何か?」を考えて、役立つコンテンツを作っていけばいいのです。


▽▽福田多美子の「イチオシ!」▽▽

「イチオシ!」と自分で書くのは恥ずかしいですが、私が執筆を担当した本が12月21日(木)に発売予定となりました。

上記に書いた音声検索についても、触れています。

「わかりやすく書く」ということを第一目標にして書いた初心者向けの本です。

既にSEOに関わっている方にとっては「知っていることばかり」だと思いますので、新人さんや初めてSEOに関わる方がいたら、ご紹介ください。

スタッフ教育に使えるのでは?という感想もありました!

◎「いちばんやさしい SEO 入門教室」(ソーテック社)


─────
編集後記
─────

今回で、私が書く「グリーゼ!な日々」は年内最後となりました。

今年も1年間お読みいただき、ありがとうございました。

まだ少し早いですが・・・2017年は、どんな年でしたか?

私は、今年は「新鮮な1年」でした。

仕事面では初めて「出向」のようなお仕事を担当させていただきました。

約1ヶ月半でしたが、他社様も名刺を持って過ごすのは、責任感と緊張感の毎日でした。毎日新しい発見や学びがあって、新入社員のような「新鮮さ」がありました。


プライベートでは、富士山、北アルプスなどに登り「新鮮な空気」をたくさん吸い込みました。体力の限界、心の限界を感じながら最後はいつも達成感を味わえる登山。楽しい思い出がたくさんできました。

みなさんは、どんな1年でしたか?

それではきょうはこのへんで!

次回は、江島民子の「年内ラストの号」をお届けします。
お楽しみに!

*外部サイトへのリンクが切れている場合があります。ご了承ください。

*ご登録は、こちらからお願いいたします。

グリーゼな日々バックナンバー
※掲載されている情報・URLは発行時点のものです。
←グリーゼな日々バックナンバーTOPへ戻る

メールマガジンのご登録はこちらから

このページのトップへ戻る

  • グリーゼの最新セミナー情報グリーゼの最新セミナー情報 »

  • 人気ランキング

    インフォメーション

    サービス一覧