グリーゼな日々バックナンバー

Q:なぜインタビューの質問を事前に送っておくの?

Q:なぜインタビューの質問を事前に送っておくの?

2017年11月 9日

【2017年11月9日】

こんにちは。グリーゼの 福田多美子 です。

あるプロジェクトで、クライアント様の若手スタッフの方がインタビューに初挑戦!

将来は「出版」を希望する著者のたまごです。

「インタビューに行く前に質問票を作って送っておいた方がいいですよ」とアドバイスすると、驚いた顔でこんなことを言いました。

「インタビューでは、ライブ感があったほうがいいかなと思って、その場であれこれ聞こうと思っていました。なぜインタビューの質問を事前に送っておいたほうがいいのですか?」

あなたなら、何と答えますか?


─────────────────
◆Q:なぜインタビューの質問を事前に送っておくの?
─────────────────

私は経験がありませんが、「ライブ感が求められるインタビュー」というのもあると思います。

「話がどこに進んでいくのかわからない」「何が飛び出すかわからない」といったインタビューは、テレビであれば見る人をくぎ付けにするでしょう。

でも、Webマーケティングの仕事に携わっている私たちの場合、求められているのは「ライブ感」ではなくて、「必要なことをできるだけ具体的に語ってもらう」ということです。

「なぜインタビューの質問を事前に送っておくの?」に対して、私はこんなふうに答えました。

─────────────────

◆A:相手に「心の準備」と「回答の準備」をしてもらうためです
─────────────────

「何を聞かれるかわからないインタビュー」は、緊張するものです。

私も「取材を受ける立場」になったことがありますが、事前のやりとりが「密」なインタビューは、いつも安心して受けることができました。

取材の目的、掲載イメージ、取材にかかる時間や取材当日の参加メンバーなど、具体的に共有していただけたインタビューではいい受け答えができたと思います!

特に、事前に質問項目が送られてくると、回答を準備できます。その場で聞かれるときよりも具体的にお話をすることができるものです。

事前に質問を送っておくメリットはそれだけではありません。

・話の脱線を防げる
 質問項目に沿ってインタビューを展開できるので、話が脱線することがありません。たとえ脱線しても、軌道修正が簡単です。

・時間短縮になる
 余計な話に脱線しないので、短時間にインタビューが済ませられます。忙しいビジネスシーンでは時間管理も重要です。

・原稿執筆も効率的にできる
 質問を作る段階で、ある程度出来上がりイメージを想定できるので書く段階になってもスムーズです。

上記の理由から、私はインタビューを事前送付するようにしています。


▽▽福田多美子の「イチオシ!」▽▽

10月に開催されたMarketo主催の「Marketo Nation Sumit」でも「メールでいかにナーチャリングするか」ということが多くのセッションで語られていました。

2018年最初のグリーゼセミナーです。

◎【BtoB・無料】改訂版・BtoB企業のためのメールマーケティング実践セミナー

─────
編集後記
─────

先日『ドリーム』という映画を観ました。

米国NASAで働く黒人女性たちの物語です。

人種差別でコーヒーもトイレも別だった時代。

理不尽なことに立ち向かって、ロケット開発という夢にまい進する女性たちが輝いていました。

いちばん好きだったシーンは、3人の主人公のひとりが、法廷で判事に詰め寄るシーン。そこでのセリフにぐっときました。

気になるな~と思ったら、観てきてくださいね!


次回は、江島民子がお届けします。
お楽しみに!

*外部サイトへのリンクが切れている場合があります。ご了承ください。
*ご登録は、こちらからお願いいたします。

グリーゼな日々バックナンバー
※掲載されている情報・URLは発行時点のものです。
←グリーゼな日々バックナンバーTOPへ戻る

メールマガジンのご登録はこちらから

このページのトップへ戻る

  • グリーゼの最新セミナー情報グリーゼの最新セミナー情報 »

  • 人気ランキング

    インフォメーション

    サービス一覧