グリーゼな日々バックナンバー

Q:外注ナシ!社員だけでSEOコンテンツを作れますか?

Q:外注ナシ!社員だけでSEOコンテンツを作れますか?

2016年7月14日
こんにちは。グリーゼの 福田多美子 です。

5月~6月中旬にかけて「5時間×4回=合計20時間」のセミナー講師を担当しておりました。ほっとしたのも束の間。7月は毎週セミナーの予定をいただいています。

友人知人には「体力の限界!セミナー講師はもうできない」と愚痴をこぼしたこともありますが(笑)

気が付くとセミナーの予定をどんどんカレンダーに書き込んでいる・・・

やっぱり私「セミナー講師が好き」なんだと思います。

私の「コンテンツSEOセミナー」では、演習の時間に、自分でキーワードを洗い出したり、自分で原稿を書いたり、受講者の方同士で添削しあったりということを行います。

「文章って、コツが分かれば意外と自分でも書けるもんだ」と感じた受講生の方からは、こんな質問をいただくことも・・・



─────────────────
◆Q:外注ナシ!社員だけでSEOコンテンツを作れますか?
─────────────────

コンテンツの制作を外注するか、100%社員だけでがんばるかって、多くの企業さまの悩みだと思います。

●どちらが品質的に良いコンテンツができあがるのか?

●どちらがコスト面で得なのか?

●どちらが効率的にたくさんのコンテンツを作っていけるのか?

など考え、迷ってしまいますよね。


「どこまで外注でどこまで内製でなんて判断できない」

「外注となると、上司への説明も大変だ」

「でもコンテンツSEOをすぐにスタートしたいよ~」

と意気込み、こんな質問が飛び出すのだと思います。


外注ナシ! 社員だけでSEOコンテンツを作れますか?


─────────────────
◆A:外注ナシ! 社員だけでSEOコンテンツを作れます
─────────────────

グリーゼはコンテンツ制作を請け負っている会社なので「外注ナシで、全部社員で作ります」と言われると、正直少し悲しい気持ちになるのですが(笑)

「社員だけでコンテンツを作っていくこと」に対して、私は「おすすめ」したいと思っています。

以前も「外注と内製」をテーマに「グリーゼな日々!」を書いたことがあるのですが

▼外注が得か?内製か得か?メリットとデメリットで考えよう


「外注」「内製」それぞれにメリットとデメリットがありますので、皆さまの状況によってどちらが良いとは言えません。

「バランスよく外注と内製を取り入れる」という模範解答もありますが、私は「社員だけでコンテンツを作っていく」ということに「まずはチャレンジしてみてほしい」と思っています。

社員だけでやったほうが「すぐに(今日からでも)始められるから」です。

失敗したり、苦労したりしてみないと「どこの部分を外注すればよいか」も分かりませんよね?

「外注するか、内製でがんばるか」で迷っている方は、「社員だけで内製! 即実行」をご提案します。

ただし「コンテンツSEO」の基本的なことは勉強してくださいね! 「基本的なことって何?」と分からない方は、グリーゼにご相談ください。


最後に事例のご紹介をさせてください。

グリーゼが少しお手伝いをしましたが、今は社員の方だけでコンテンツ制作を行っている企業さまです。

【事例】宅配クリーニング cocoromo ココロモ様

【Webサイト】宅配クリーニング cocoromo ココロモ様


ご参考になれば幸いです。


▽▽福田多美子の「イチオシ!セミナー」▽▽

コンテンツ制作を「社員でがんばる」「外注ナシで作るぞ」という方に、コンテンツSEOの基本をご説明します。
7月13日(水)残席わずかとなりました!

▼成功事例に学ぶ!コンテンツSEO講座~集客力を高める5つのポイント~

▽▽▽▽▽▽


─────
編集後記
─────

前回の「グリーゼ!な日々」で「三男が高校サッカーを引退した」という話を書いたところ、何人かの方からメールをいただきました。

「私の息子も、野球部を引退しました」

「バレー部の娘がもうすぐ引退します」

など思い出等をつづったメールや「ふくださんお疲れさま」などと書かれたメッセージ等を読みながら、心がほっこり。

メールをくださった方々、ありがとうございました。


そういえばですね・・・私がこの仕事を始めたきっかけは、あるおもちゃ屋さんのメールマガジンだったんですよね。

もう15年以上前になりますが(汗)、おもちゃ屋さんのメールマガジンで積み木、絵本、縄跳びなどを紹介。そして編集後記に3人息子のヤンチャぶりや育児の悩みなどを書き、毎号、読者の方からメールをいただいていました。

「メールマガジンはお客さまとのコミュニケーションのツールだ」をモットーに、商品が売れることより、お客さまからメールをいただくことに喜びを感じていたものです!

最近、メールマガジンにセミナーの紹介ばかり書いていたので(今回も)、メールマガジンを初めて担当させていただいた時の「初心」を思い出して、これからも「グリーゼ!な日々」を書いていきたいと思いました。

これからも、どうぞよろしくお願いします。

次回は、江島民子がお届けします。
お楽しみに!

*外部サイトへのリンクが切れている場合があります。ご了承ください。

*「SNS最新ニュース」は、グリーゼのメールマガジンです。

ご登録は、こちらからお願いいたします。


グリーゼな日々バックナンバー
※掲載されている情報・URLは発行時点のものです。
←グリーゼな日々バックナンバーTOPへ戻る

メールマガジンのご登録はこちらから

このページのトップへ戻る

  • グリーゼの最新セミナー情報グリーゼの最新セミナー情報 »

  • 人気ランキング

    インフォメーション

    サービス一覧