グリーゼな日々バックナンバー

500文字でGoogleに評価されるのか?

500文字でGoogleに評価されるのか?

2015年5月14日

こんにちは。グリーゼの ふくだたみこ です。
 http://gliese.co.jp/?page_id=6#fukuda


「SEOに効果的なブログを書きたい。何文字くらい書けばいいですか?」

「文章を書くのが苦手です。書くのにすごく時間がかかるので、文字数を決めて、毎日1記事書こうと思います。必要な文字数を教えてほしい」

コンテンツSEOのセミナーで、よく聞かれる質問です。


今回は、コンテンツSEOに必要な文字数について、考えてみたいと思います。

Googleに評価される文字数に、決まりがあるのでしょうか?


-------------------------
1:500文字が目安
-------------------------

「1ページの文字数は、何文字くらい書けばいいですか?」

答えはこうです。

「コンテンツSEOでは、まずは、500文字を目安に記事を執筆してください」

ただし、500文字はあくまでも「目安」です。ユーザーに役立つ情報を提供しようと思ったら、500文字では書ききれないことも。

グリーゼでは、クライアントによって、1,000文字~2,000文字、多い時は、1ページで3,000文字くらいの記事を書くこともあります。


受講者からは、こんな質問が続きます。

「文字数は、多いほど効果的ってことですか?」

文章を書くことを億劫に感じている受講者の方にとっては、文字数を増やすことは、かなり抵抗があるようです。

私はこんなふうに答えます。

「テーマについてキチンと書けるのであれば、少ないよりは、多く書いたほうが効果的です。でも、文字数にとらわれ過ぎないでください。
テーマを決めて、ユーザーが求めている情報に合致するようなコンテンツを作りましょう。
結果として、500文字で十分な場合もありますし、3,000文字必要な場合もあります。3,000文字でも不十分な場合は、連載にします。1,000文字のコラムを、4回、5回と連載で書くことによって、より深い内容を伝えることができますよね」


-------------------------
2:事例で解説
-------------------------

事例を紹介しましょう。

「ステップメール 効果」と検索してみてください。

弊社のコラムが1位に表示されます。

【コラム】ステップメールは黙々と働く営業ツール(ステップメールの効果)
 http://kotoba-no-chikara.com/blog/t-kasuya08


「メルマガ 精読率」も同じです。弊社のコラムが1位です。

【コラム】そのメルマガ読まれてますか?精読率とは!
 http://kotoba-no-chikara.com/blog/c-tamaki11


どちらのコラムも、1,500文字前後の文字数で書かれています。


グリーゼでは、ライティングのノウハウを伝えるコラムをたくさん作り、コンテンツSEOに取り組んだ結果、多くのコラムが検索上位に表示されるようになりました。

複数のライターにコラムを依頼しましたが、文字数は自由。読む人にとって役に立つコラムを書いてほしいとオーダーしました。


-------------------------
3:文字数よりもお客様視点(まとめ)
-------------------------

繰り返しになりますが、500文字は「目安」です。

「何文字必要ですか?」と聞かれたら、目安として500文字と伝えますが、これはグリーゼの経験上の数字です。SEO業界全体としても、500文字を「目安」としている傾向があります。

あくまでも「目安」ということを忘れないでください。

Googleがサイトの順位付けをする際の計算式(アルゴリズム)において、文字数は、ひとつの要素にすぎません。

サイトの歴史、コンテンツの良さ、ページビュー、ページ数、リンクの関連性など、さまざまな要素によって、サイトの順位が決まります。

最近思うのは、「Googleのアルゴリズムがどうなっているのか?」「文字数が何文字?」と考えるのは無意味だな~ということです。

Googleの会社情報のページをご覧ください。

▼Google が掲げる 10 の事実
 https://www.google.co.jp/intl/ja/about/company/philosophy/

「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる」と書いているように、Googleは、Googleの利用者(ユーザー)を第一に考えている会社です。利用者にとって使いやすく、最適な順位を知らせることを使命としています。

私たちも「自社のお客様」がどんな人かを想像し、各社のお客様にとって役立つ情報を「コンテンツ」という形で提供していくことが大事だと思います。

お客様を大切に考えることが、結果として「検索上位に表示される」ことに繋がるのです。


▼SEOに関するお問合せは、こちら↓
 http://www.seo-contents.jp/contact.html


▽▽ふくだたみこの「旬ネタピックアップ」▽▽

「一文一義」箇条書き」「パラグラフ」が分かれば、文章力がぐんと上達!
「Webライティング基礎」
 http://gliese.co.jp/?p=594

▽▽▽▽▽▽


─────
編集後記
─────

グリーゼでは、ある不動産サイトの仕事をお手伝いさせていただいています。

コンテンツSEOを行いサイトへの集客数を増やすと同時に、転換率を上げるための取り組みを実施。ミーティングでは、グリーゼ側、クライアント側で別々のデータを報告し合い、ディスカッションを行います。

グリーゼが報告するのは、検索順位に関するレポートです。コンテンツを作り、サイトにアップして、順位がどう変動したかを調査し、報告を行います。

一方、クライアント側では、サイトへの流入が多いキーワードは何か、さらに転換率が高いキーワードは何かをgoogleアナリティクスの情報をもとに報告してくださいます。

いろいろな数値を見てわかってきたことは、「音声検索が増えている」「音声検索で訪問した人が、問合せに繋がっているのではないか」ということでした。

分析の詳細は割愛しますが、今後ますます増えてきそうな「音声検索」。注目していきたいですね。

興味のある方は、グリーゼのSEOコンサルタント長濱のコラム↓をお読みください。

▼発展している、Googleの音声検索!
 http://www.seo-contents.jp/blog/seo_2/000151.html

▼キーワード選びは「話し言葉」を意識しよう!
 http://www.seo-contents.jp/blog/seo_1/000152.html


それでは、今回はこのへんで。次回は、えじまたみこがお届けします。
お楽しみに♪


グリーゼな日々バックナンバー
※掲載されている情報・URLは発行時点のものです。
←グリーゼな日々バックナンバーTOPへ戻る

メールマガジンのご登録はこちらから

このページのトップへ戻る

  • グリーゼの最新セミナー情報グリーゼの最新セミナー情報 »

  • 人気ランキング

    インフォメーション

    サービス一覧