グリーゼな日々バックナンバー

「いいね」を増やす秘訣は、パラグラフにあった!

「いいね」を増やす秘訣は、パラグラフにあった!

2014年5月 8日
こんにちは。グリーゼの ふくだたみこ です。


4月某日。日本橋の本社にて「グリーゼ会社説明会」を行いました。新しいライター8名が参加し、さっそく6名に仕事を発注しました。実績で採用した人、トライアルを受けてもらって採用した人などさまざまですが、全員順調に仕事を進めてくれています。

過去にも会社説明会を行いましたが、こんなに優秀なライターばかりが集まったのは初めてです。嬉しさのあまり、今後継続的に会社説明会を開催しよう!ということになりました。

単純でしょうか(笑)

グリーゼのライターとして活躍したい方へ。
次回は5月26日(月)です。

▼「グリーゼ会社説明会」お申込みはこちら↓


今回も、ライティングの基礎について書いていきます。テーマは、「パラグラフ」。統一感のある文章を書くための技術です。

「1文1文はちゃんと書けるのに、数行に膨らませると支離滅裂になっちゃう~」という人、必見です。
Facebookで「いいね!」を増やす書き方にもつながりますので、最後までお読みください。



--------------------
1:パラグラフと段落は違う?
--------------------

パラグラフとは、「ひとつのテーマで統一された文章の集まり」です。

「段落とは、違うの?」

はい、違います! そもそも「段落」ってどういう認識でいますか?

「う~ん、小学校の作文で習った」
「原稿用紙の文化?」
「数行書いていて、場面が変わったら行を変える」
「次の段落は、1文字分下げて書き始める」

はい、私もそう習いました。

上記が「段落」です。

・文と文の切れ目には、句点(。)を打つ
・文中の切れ目には、読点(、)を打つ

と同じように

・話を変えるときには、段落を分ける

というくらいのアバウトなルールです。


つまり段落とは、形式的なもので

・どういうタイミングで改行しなければならない
・ひとつのパラグラフを、どういう構成にしなければいけない

などのルールがありません。

一方、パラグラフとは、英文のテクニカルライティングのルールから来ていて、厳密に書き方のルールが決まっています。


--------------------
2:パラグラフのルールって?
--------------------

先程も書いた通り、パラグラフとは「ひとつのテーマで統一された文章の集まり」です。テーマで統一されていなければいけません。

どんなテーマで書くのかは、冒頭の主題文で宣言します。主題文のことを、トピックセンテンスと言い換えてもOKです。

例を見てください。1行目が主題文です。

--------------
新型掃除機の特徴は、「吸引力」と「軽さ」です。○○○○○○○○○○○○○。○○○○○○○○○○○○○。○○○○○○○○○○○○○。○○○○○○○○○○○○○。○○○○○○○○○○○○○。○○○○○○○○○○○○○。
--------------

主題文に続く文章を支持文といいます。支持文では、主題文で書いたことをサポート(支持)することだけを書いていきます。つまり新型掃除機の「吸引力」と「軽さ」だけを書きます。

--------------
新型掃除機の特徴は、「吸引力」と「軽さ」です。吸引力の秘密は、デジタルヘッドにあります。独自に開発したフォルムが、壁際やコーナーのゴミも見逃しません。ペットの毛、砂、埃などの細かいゴミも吸引します。軽さの秘密は、モーターの改良にあります。本体の重さ1キロを実現。力の弱い女性やお子さまでもスイスイお掃除ができます。
------------

上記がパラグラフ(テーマで統一された文章の集まり)です。


一方、パラグラフを理解していない人は、次のように「吸引力」と「軽さ」以外の話を持ち込んできます。

--------------
新型掃除機の特徴は、「吸引力」と「軽さ」です。吸引力の秘密は、デジタルヘッドにあります。独自に開発したフォルムが、壁際やコーナーのゴミも見逃しません。このフィルムの開発には、当社の研究チームが3年の月日をかけて開発した新技術が使われています。ペットの毛、砂、埃などのあらゆる「細かいゴミ」でのテストも繰り返し行ってきました。軽さについは、本体の重さ1キロ弱を実現しました。当社の掃除機を軽い順にご紹介すると・・・
------------

新型掃除機の特徴(吸引力と軽さ)を伝えたいパラグラフなのに、いつのまにか開発秘話になっています。これはNGです。パラグラフは、テーマで統一された文章の集まりなので、開発秘話を書きたいならば、別のパラグラフを用意する必要があります。

また「当社の掃除機を軽い順にご紹介すると・・・」という文もNGです、テーマから逸脱していますよね。

パラグラフのルールでは、テーマから脱線する話題は、持ち込んではいけないのです。


--------------------
3:Facebookの記事は、パラグラフで書こう
--------------------

Facebookの記事は、1記事で伝えることを1テーマに決めてから書きだしましょう。テーマを決めないと「何を言いたいの?」と読者を混乱させるからです。

テーマを決めたら、あとはパラグラフを意識して書くだけです。テーマから逸脱した文を入れずに、テーマ(言いたいこと)をサポート(支持)する文だけを書いていきます。

例えば、先日こんな記事を書きました。

※実際のFacebook記事は写真も掲載しているので、ちょっとニュアンスが伝わりにくいかもしれません。ご了承ください。

-------------------
デジタルハリウッド様の「Webライティング基礎」の講師として、本日、弊社のマネージャーの粕谷が、デビューしました。これは、朝いちばんに送ってきたメッセージです。先ほど「無事に終わりました」との報告をもらって、ひと安心です!

信頼できるマネージャーなので、まったく心配していなかったけど、でもこうして逐一連絡をもらえると、とても安心で、うれしいです。

5時間と長い講座。質問も多かったようで疲れたと思います。ほんとうにお疲れ様!
-------------------

この記事のテーマは、「粕谷が、デジタルハリウッド様(以下デジハリ)で、講師としてデビューした」がテーマです。主題文に続く支持文でも、テーマを補足する文が続いています。

テーマを意識しなければ、テーマから逸脱した文章・・・例えば以下の内容を書いていたかもしれません。

・「Webライティング基礎」ってこんな講座なんです
・粕谷が講師をがんばっている頃、私はこんなことをしていたんです
・デジハリって、こういう所なんです

これらを書き込んでしまったら、この記事で伝えたいことが分散してしまいますよね。


この記事で伝えたいことはなに?

とテーマを決めて書いた記事は、伝わる記事になりますので、「いいね!」も増える傾向にあります。

逆に、複数のテーマで、情報を詰め込み過ぎた記事は「結局何が伝えたいの?」と読者を混乱させるだけです。当然「いいね!」も増えません。

Facebook記事を書く時には、ぜひ、パラグラフを意識して書いてみてください。


▽▽▽ふくだたみこの「旬ネタピックアップ」▽▽▽

5月はグリーゼのセミナーラッシュです! 自社開催セミナー、共催セミナーをまとめましたのでこちらでチェックしてください。

直近は、SEO協会主催
『事例に学ぶコンテンツSEO 7つのポイントセミナー
~集客する×売れる×リピートされる=文章術、教えます!
初出版記念セミナー~』

日時:2014年5月13日(火)東京、5月16日(金)大阪

お申込み、お待ちしております。

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽


─────
編集後記
─────

先日あるライターが仕事のやり取りの中で「チームで仕事をするのって、いいものですね」と書いてきました。

グリーゼでは、チームで仕事をするのが当たり前なのですが、フリーライターの彼女にとって、ディレクターや校正者とチームを組んで打ち合わせに行ったり、原稿を作り上げたりすることがとても新鮮だったようです。

新しいライターがどんどん加わり、今グリーゼではフレッシュな風がびゅんびゅん吹いています。グリーゼ流を教えながら、若いライターのやり方も受け入れて、お互いに成長できたらいいな! と思っています。

それでは、今回はこのへんで。次回は、えじまたみこがお届けします。お楽しみに♪

グリーゼな日々バックナンバー
※掲載されている情報・URLは発行時点のものです。
←グリーゼな日々バックナンバーTOPへ戻る

メールマガジンのご登録はこちらから

このページのトップへ戻る

  • グリーゼの最新セミナー情報グリーゼの最新セミナー情報 »

  • 人気ランキング

    インフォメーション

    サービス一覧