グリーゼな日々バックナンバー

具体的な文を書く2つの方法

具体的な文を書く2つの方法

2013年11月14日
こんにちは。グリーゼの ふくだたみこ です。

10月から、サポタントさんのウェブサイトにて「SEOに効く!コンテンツライティング」というテーマでコラムを書かせていただくことになりました。

コンテンツ重視のSEO対策の進め方を、ひとりでも多くの方に知っていただきたいと思います。今後、SEOに関することは、こちらのコラム(↑)に集約していきます。月に2回の更新なので、ぜひご覧ください。

さて、「グリーゼ!な日々」は心機一転!
基本に戻って、ライティングの基礎的なことを書いていこうと思います。

というのも・・・

コンテンツをコツコツ作っていくためには、文章力が不可欠です。「文章って苦手なんだよね~」なんて言っていられる時代ではありません。

本音は、グリーゼに外注してほしいですが(笑)、さらに本音は、社員の方が自らの言葉で、魂を込めた文章を書いてほしいと思っています。

ということで、今日からライティング基礎講座のスタートです!

皆さんの会社で、ライティングに関わるスタッフの方に、お役に立てていただければうれしいです。

初回の今日は、「文章を具体的に書く2つの方法」を説明します。


具体性のない文章、言い換えると「抽象的で漠然とした文章」は、インパクトが弱く、読者にスルーされてしまいます。読者の心をしっかり掴むためにも、具体的でインパクトの強い文章が必要ですよね。

例文を用意してみました。
この文をもっと具体的に書くにはどうしたらいいでしょうか?


例文)
当社は、来年、全国にたくさんの営業所を作ります。

「具体的に書く」という観点での改善点が4つあります。ちょっと考えてから、下に進んでください。

──────────────────
1:具体的な文:数字を入れる
──────────────────

文章を具体的にする方法のひとつは、数字を入れることです。

例文には「たくさんの営業所」と書いてありますが、あなたは、何か所を想像しますか?

10か所でも「たくさん」と受け取る人もいるでしょう。
いやいや、「たくさん」と書くからには、30か所くらい作るでしょうね~
と考える人もいますよね。

そうなんです。「たくさん」という表現は、あいまいで、わかりにくい表現なのです!

では、具体的な数値を入れてみましょう。


改善例1)

当社は、来年、全国に23か所の営業所を作ります。

元の例文と比較して、いかがですか?

「23か所」が、多いか少ないかということは、問題ではありません。

数字を入れて、具体的な表現にすることが大事です。数字を入れることによって、リアリティー(現実味)が生まれ、説得力のある文になりました。

「来年」という表現も、Webでは避けたい表現です。2013年に読めば「来年=2014年」ですが年月が流れ、このサイトを2015年に読んだらどうなりますか?

「来年=2016年」と解釈され、間違った内容になってしまいますよね。Webサイトに年月日を書くときは、具体的な数字を入れて書くように心がけましょう。


改善例2)
当社は、2014年、全国に23か所の営業所を作ります。


──────────────────
2:具体的な文:固有名詞を入れる
──────────────────

文章を具体的にする方法のふたつめは、固有名詞を入れることです。

例文をご覧ください。

例)
当社は、2014年、全国に23か所の営業所を作ります。

先ほどの例文ですね。まだ改善の余地があります。

「全国」という表現があいまいです。あいまいな表現は、読者にスルーされ、記憶にも残りません。

では、具体的な固有名詞(地名)を入れてみましょう。


改善例3)
当社は、2014年、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡など全国に23か所の営業所を作ります。

元の例文と比較して、いかがですか?

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡という地名は、23か所のうちの代表的な地域をピックアップして記載すればよいでしょう。あまりたくさんの地名を入れると、逆にごちゃごちゃした印象になってしまうので、固有名詞の数は5~7つが適量です。

固有名詞を入れると、数字を入れた時と同様に、リアリティー(現実味)が生まれ、説得力が高まりますね。


「当社」も、実在する会社名にしたほうが具体的です。

【修正例4】
株式会社A社は、2014年、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡など全国に23か所の営業所を作ります。


いかがでしたか? 4つの改善ポイント、ご理解いただけましたでしょうか?


【まとめ】

修正前)
当社は、来年、全国にたくさんの営業所を作ります。

修正後)
株式会社A社は、2014年、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡など全国に23か所の営業所を作ります。


急いで書くとどうしても、修正前のようなざっくりとした文になってしまいます。なぜなら、数字や固有名詞を入れるためには、データを調べたり、正しい表記かどうか確認したりと手間がかかるからです。

でもね、手間を惜しまず、数字や固有名詞を入れてください。

例えば、「株式会社A社 仙台」「仙台 営業所」などで検索した時に、修正前の文章では、検索エンジンに引っかかることはないでしょう。修正後の文章なら、「株式会社A社、2014年、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡、23か所、営業所」などの言葉がすべて、検索エンジンに引っかかってきます。小さなことですが、これもサイト運営上、大切な取り組みだと思います。


▽▽▽ふくだたみこの「旬ネタピックアップ」▽▽▽

グリーゼのFacebookでは、10月後半、「スタッフ同士のいいところを書く」という1週間がありました。あるスタッフから見て、別のスタッフってこういう存在なんだ~ということがわかって興味深かったです。仲間を尊敬できるって、いいですね(^^)

▼グリーゼ公式フェイスブックページ「コトバの、チカラ」

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽


─────
編集後記
─────

10月にリリースしたグリーゼの新しいサービス「SEOに効く!コンテンツ制作」ですが、ご覧いただけましたでしょうか?

このサイトでのオススメのコンテンツは、ズバリこちら!

「SEOサービス担当者のスタッフブログ」


全日本SEO協会の認定コンサルタントになった長濱佳子と粕谷知美が中心になって、SEOに関するお役立ち情報を発信しています。

例えば、こんな疑問に答えています。

・重複コンテンツって、なぜダメなの?

・キーワードを決める時の注意点は?

まだ始まったばかりのブログです。ぜひ、ご覧になってご意見、ご感想、質問などいただけたら嬉しいです。

それでは、今回はこのへんで。次回は、こみやまたみこがお届けします。お楽しみに♪

グリーゼな日々バックナンバー
※掲載されている情報・URLは発行時点のものです。
←グリーゼな日々バックナンバーTOPへ戻る

メールマガジンのご登録はこちらから

このページのトップへ戻る

  • グリーゼの最新セミナー情報グリーゼの最新セミナー情報 »

  • 人気ランキング

    インフォメーション

    サービス一覧