グリーゼな日々バックナンバー

もしグリーゼが設計書を作らなかったら

もしグリーゼが設計書を作らなかったら

2012年11月 8日
 こんにちは。グリーゼの こみやまたみこ です。

 ふくだたみこファンの皆さま、ごめんなさい!

 ふくだが、超売れっ子で執筆の時間がとれないため、
 急きょ、私がピンチヒッターを務めさせていただくことになりました。

 しかも、タイトルがベタ(&古い・・・)で、すみません!!

 グリーゼでは、全てのライティングの案件において、
 最初に「設計」というフェーズを設けさせていただいているのですが・・・

 これが、結構時間がかかるし、しかも高い☆

 こんな感じ↓

 なので、「とにかく、早く始めたい」とか、
 「コスト的にきつい」という場合には、

 「この設計っていうの要らないから、とっとと書いて」

 と言われることがあります。

 でもですね、「設計」フェーズを飛ばして始めた仕事で、
 うまくいった例は、実は1つもないのですよ。

 では、「設計」とは、具体的に何をすることなのでしょうか?

 そして、「設計」フェーズを飛ばすと、
 具体的には、どんなことが起こるのでしょうか?

 最近の事例からご紹介します。




 ─────────────────────────
 事例1:某HTMLメルマガの場合~立ち戻る場所がない
 ─────────────────────────

 グリーゼでは、全てのライティングの案件において、
 最初に「設計」というフェーズを設けさせていただいている
 はずなのですが・・・

 つい最近、うっかり忘れてしまったことがありました(涙)

 なぜ、うっかり忘れてしまったかというと、

 HTMLメルマガを制作するというお仕事だったのですが、

 その前に、同じお客様で、ステップメールを制作しており、
 その時に、設計書を作っていたからです。

 ところが、このお客様の場合、

 ステップメール と、HTMLメールマガジン では、
 「対象者」も「発行の目的」も、全く違っていました。

  ◎ステップメール

  対象者:資料請求をした方
  目的:来店へのクロージング

  ◎HTMLメールマガジン

  対象者:競合と比較検討中の見込み客
  目的:ブランディングすることにより、当社を選んでいただく

 
 このように、「対象者」も「発行の目的」も違っているのですから、
 本来は、HTMLメルマガのために、再度、設計書を作るべきだったのです。

 ところが、それを怠ったばっかりに・・・
 お客さまが、ブレ始めました。

 このお客さまの場合は、
 昨年より売上が下がってきていると分かった時点で

 「ブランディングなんて悠長なことを言っている場合ではない」

 という気持ちになってきたのでしょう。

 「このメールマガジンでは、来店につながらない」
 「リピーターにとって、必要な情報はコレではない」

 と言い出したのです。

 「いやいや、違いますよね。

  このメルマガは来店促進のためのものでもないし、
  リピーターさんに再リピートしていただくためのものでも
  なかったですよね?

  ほら、ココに、ちゃんとそう書いてあるでしょう?」

 と、ここで水戸黄門の印籠のように出すべきもの、
 それが、「設計書」と弊社が呼んでいるものです。

 「設計書」には、

 A:誰のために出すメルマガなのか

 B:何のために出すメルマガなのか、

 C:それによって解決したい問題点は、何なのか

 D:どうなれば成功なのか(目標値)

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 E:そのためには、どういう構成・内容・デザインの
  メルマガであるべきなのか

 ということが、記載されています。

 お客様がブレそうになった時には、
 この「設計書」=印籠を見せれば、

 「ああ、そういえばそうだった。
  うちがメールマガジンを通じて解決したい問題は、
  コレではなく、アレだった」

 と、自分で気づいてくださいます。

 ところが、今回、この印籠を作ることを怠ってしまったために、
 立ち戻れる場所がないのです。

 立ち戻れる場所がないと、お客さまは迷走し始めます。

 そして、目的を見失ったメールマガジンは、
 誰にとっても、何の効果も生み出さないものになっていきます。

 そうならないために、近日中にお客さまを訪問して、
 もう一度、「対象者」と「発行の目的」を、
 確認してくる予定です。



 ────────────────────────────
 事例2:某Facebookページの場合~何が正しいかわからない
 ────────────────────────────

 グリーゼでは、全てのライティングの案件において、
 最初に「設計」というフェーズを設けさせていただいている
 はずなのですが・・・

 つい最近、うっかり

 「ま、それは、おいおいでいいよね」

 と、後回しにしてしまった案件がありました(涙)

 なぜ、後回しにしてしまったかというと、

 Facebookページの記事を制作するというお仕事だったのですが、

 お客さまと初めてお会いしたのが、10月10日(水)で、
 Facebookページの運営開始日が、10月15日(月)ということが
 決まっていたからです(^-^;;;

 しかも、私はその週、金~日出張することになっていましたので、
 ライターに指示する時間もありません。

 10日(水)に、打ち合わせから帰って、急いで見積書を作り、
 11日(木)に、1週間分5本の記事を書いて納品し、
 慌ただしく、出張に出かけることになりました。

 ここまでは、よかったのですが・・・

 翌週からライターに引き継いだところ、
 お客さまから

 「なんとなく、うちが求めているものと違う」
 「ちょっと浅い気がする」

 という、曖昧なご意見が返ってくるようになってきて、
 納品した記事が使っていただけなくなってしまったのです。

 なぜ、こういうことが起こったのか。

 それは、まさしく「設計書」がなかったからです。

 私は、お客様と直接お会いしていたので、
 「なんとなく」お客さまの求めているものがわかりましたが、

 ライターは、その「なんとなく」を明文化したものがなく、
 私の説明を聞いただけですので、
 私よりもさらに「なんとなく」しか、
 求められているものがわかりません。

 しかも、

 A:誰のためのFacebookページなのか

 B:何のためのFacebookページなのか、

 C:それによって解決したい問題点は、何なのか

 D:どうなれば成功なのか(目標値)

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 E:そのためには、どういうテーマ構成・テイスト・コンテンツの
  Facebookページであるべきなのか

 を明文化するというステップを飛ばしてしまったために、

 お客さま自身も、自分たちが求めているものが何なのか、
 どんな記事が「正解」なのかが、わからなかったのです。

 お互いに、何が「正解」かがわからないということは、
 お客さまのなんとなくの「好み」や「感覚」で、
 記事の採用・不採用が決まってしまうということです。

 その結果、このプロジェクトは、やむなく、
 「数撃ちゃ当たる」方式でいきことになり、

 規定の本数よりもたくさん書いて、

 「お好みのものがあったら、採用してください」

 という、大変工数のかかる仕事になってしまっています。

 このままでは、弊社は大赤字になってしまいますし、
 Facebookページの方向性も定まらないままになってしまいますので、
 今、大急ぎで「設計書」を制作しているところです。
 

 いかがでしたか?

 このようなことは、過去に数回あり、その度に
 「急がば回れ」を痛感しています。

 もし、皆さんのメールマガジン、Facebookページ、ブログなどで
 「なんとなく」始めて、「なんとなく」続けているものがありましたら、
 ぜひ、上記 A~Eを一度紙に落としてみることを、お勧めいたします。


 ※上記でご紹介した2つの事例は、複数の事例から創作したものであり、
  特定の企業を表すものではありません。



 ┏━━━━━━━ グリーゼからのお知らせ ━━━━━━━━┓
 
  弊社ふくだたみこが、ついに、全日本SEO協会の講師として
  デビューします!

  以下は、レジュメの一部です。

  ◎成約率の高いページに必要な要素は?
  ◎SEO的コンテンツライティングの基礎
  ◎スルー上手な99%を逃がさないための"自分ごと"の作り方
  ◎AIDCASの法則で作るWebページの構成とは?
  ◎PASONAの法則で作るWebページの構成とは?

 ▼興味のある方は、ぜひぜひお越しください。お待ちしてます♪

  『今日から使える!  
   成約率を高めるためのコンテンツライティング』セミナー

  東京:12月 4日(火)10:20 ~ 12:15 
  大阪:12月10日(月)10:20 ~ 12:15 
 
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



 ────────────────────────
 編集後記
 ────────────────────────

 これを書いているのは、11月3日(土)。

 オンラインショップマスターズクラブ(OSMC)の
 第9回全国実践会が、大阪で開催される日です。

 実践会には、今まで一度も参加したことがなかったのですが、
 今回、ぜひ聴きたい話があったので、
 これから新幹線に乗って行ってきます。

 人の顔を覚えるのが、とて~も苦手なので、
 既にお会いした方に、「はじめまして」とご挨拶するのではないかと
 今から、ヒヤヒヤしています(笑)

 このようなイベント、セミナーなどに参加しての気づきなども
 時々発信していますので、
 ぜひ、弊社Facebookページも、時々のぞいてみてくださいね♪

 もちろん、弊社のFacebookページは、
 「設計書」を元に、運営していますよ(^-^)v

 それでは、今回はこのへんで。
 次回は、私の「講師な日々」の方でお会いしましょう♪ 

グリーゼな日々バックナンバー
※掲載されている情報・URLは発行時点のものです。
←グリーゼな日々バックナンバーTOPへ戻る

メールマガジンのご登録はこちらから

このページのトップへ戻る

  • グリーゼの最新セミナー情報グリーゼの最新セミナー情報 »

  • 人気ランキング

    インフォメーション

    サービス一覧