グリーゼな日々バックナンバー

「来店者を増やす携帯メルマガ」成果を上げる2つの視点

「来店者を増やす携帯メルマガ」成果を上げる2つの視点

2012年9月15日
 こんにちは。グリーゼの ふくだたみこ です。

 8月が終わり、夏休みにいろんな経験をされた方も多いと思います。
 2012年の夏は、どんな夏でしたか?


 私は北海道に出張がありました。

 初日が北見。

 旭川、札幌、帯広、釧路と5都市をまわり、5日間連続で
 「携帯メルマガ」をもっと活用して、
 来店率を上げよう&売り上げを上げよう!
 というセミナーを行いました。


 全国に店舗をもつ企業が主催するセミナーです。

 弊社は、セミナーの企画から参加させていただき、
 リサーチ、テキスト作成のサポート、
 そして北海道地域の講師を任されました。

 セミナーを企画、開催した企業側が意図したことが、バッチリ当たった!
 という結果だったのですが

 100名を超える受講者の方に会い、
 講義と演習の時間を、毎日一緒に過ごし
 携帯メルマガで効果を高めるために必要な要素が見えてきました。

 今回は、
 "実店舗運営で来店率を高めるために携帯メルマガを利用している方"に
 特に、読んでいただきたい内容です。




 ─────────────────────────────────
 ポイント1:スタッフ全員で共通の認識をもとう
 ─────────────────────────────────

 【課題1:スタッフ全員で取り組む姿勢がない】

 メールマガジン担当者って、ひとりパソコンに向かい
 "もんもん"と原稿と格闘していることってありませんか?

 数年前に私がおもちゃ屋さんのメールマガジンを書いていた時も
 月に1度の定例会議で方針を決めた後は
 ひたすら一人で原稿を書きました。

 商品の切り口が見つからず、悩んで、時間ばかりかかってしまったり
 「やらされている感」に追い込まれ、
 仕事がつまらなくなってしまったり・・・

 さぼっているわけではないのに、周りから冷たい視線を浴びて
 悲しくなってしまうことも・・・。

 今回のセミナーでも、
 担当者ひとりで仕事を抱えてしまい、他のスタッフが知らんぷり
 というのは、多くの店舗での課題でした。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 【セミナーでの施策:メルマガ以外の担当者も参加させる】

 今回のセミナーでは、企業側のお声かけのおかげで
 メールマガジンの担当者だけではなく
 店舗のいろんな立場の人が、セミナーに参加してくださいました。

 ・Webの制作を担当する人
 ・ディレクター的な立場の人
 ・営業的な動きをする人

 全国にたくさんの店舗がある企業様ですが、
 ひとつひとつの店舗は4~5名で運営しています。

 日頃は全員が店頭に出て、接客をするのがメインの仕事です。
 忙しい接客の合間を縫って、Web担当の方はページを制作したり、
 メールマガジン担当の方は、文章を作って配信予約を行ったり・・・

 自分のことで精一杯になりがちなので
 今回のセミナーにメールマガジンの担当者以外の方が参加し

 メールマガジンの大切さや、難しさ、将来性を理解してくれたのは
 大きな成果だと思います。

 演習では、携帯メルマガ、Web、店舗との連携をみんなで考えました。

 今後は店舗が一体となって、携帯メルマガを活用した取り組みを
 行っていくことができるでしょう。


 【まとめ】

 携帯メールマガジンの担当者だけではなく
 いろんな立場のスタッフの理解を得ることが大事。

 スタッフ全員でアイデアを出したり、感想を言い合うことが活発になれば
 好循環が生まれます。

 携帯メールマガジンの担当者のモチベーションアップも期待できますね。

 実際に、セミナーの最後では

 「午後、お店に帰ったらすぐに、セグメント配信をやってみます」

 「私は、来月の配信計画を立ててみます」

 「今作っているメルマガのURLの位置を変えてみます」

 など、書き手の意識が変わりました。



 ─────────────────────────────────
 ポイント2:なぜ携帯メルマガを書いているのか? 目的を確認しよう
 ─────────────────────────────────

 メールマガジンを毎週毎週書いていて
 あれ? 何のために書いているんだっけ?
 と、目的を見失ってしまうことはありませんか?


 今回のセミナーは3時間。
 演習が1.5時間あるので、講師が話せる時間って
 1.5時間ほどしかありません。


 時間が短いと、どうしても

 ・開封率を上げるには?
 ・クリック率を上げるには?
 ・文章をわかりやすく書くには?

 など、テクニカルな話だけになってしまうことも多いのですが


 今回の北海道セミナーでは、企業側の意向もあり

 ・現状の各店舗の取り組み状況はどうなっているのか?
 ・業界動向はどうなっているのか?
 ・なぜ、メールマガジンが大事なのか?
 ・どういう対象に向けて、文章を書いていくのか

 など、総括的な話にも多くの時間をかけました。


 自店舗が置かれている業界の現状を踏まえて、
 なぜ、メールマガジンやWebを使った集客、
 売上げアップを頑張っていかなければならないのかをご理解いただいた上で

 さあ、開封率・・・
 さあ、クリック率・・・

 という話をすることができました。


 セミナーの中で、テクニカルな話を
 10個、20個と増やしていくことは簡単ですが
 目的意識がない状態では、何も頭に残りません。

 目的が明確になった状態で聞けば、
 セミナーで話せるテクニックがたった5つだったとしても
 強烈に印象に残るでしょう。


 【まとめ】

 店舗運営では、スタッフ全員が業界の中での立ち位置や
 店舗の運営方針を理解しておくとよいでしょう。

 全体像を把握した上で、自分が担当する携帯メルマガの役割を考えれば
 どういう内容が良いのか、どんな文章が適しているのかがわかります。

 目的、ターゲットの理解は、何事においても重要ですよね。

 演習では、ひとつのグループに、メルマガ担当、Web担当、営業担当など
 いろんな立場の人が加わって、課題に取り組んだのですが

 メルマガの反応率アップ、Webのアクセス数アップ、
 店舗への来店率のアップなど
 いろんな目的を組み合わせてひとつのゴールへと向かう成果物ができました。



 ┏━ ふくだたみこの「今週のイチオシ・コラム」━━━━━━━━┓

 今週は、グリーゼが運営しているFacebookページから、
 役立つ記事をご紹介します♪

 【親子の時間を守る2時間半】(つちひら)

 グリーゼのライターは、基本的に在宅スタッフです。
 やりたい仕事をがんばるため、いろんな工夫をしています。

 ▼つちひらのコラム、続きはこちらから!

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



 ────────────────────────
 編集後記
 ────────────────────────

 今回の北海道出張は、日曜日に北海道に入り
 5泊6日というスケジュールでした。

 私自身、こんなに家を空けたのは
 子どもが生まれて初めてのことです。


 私が今の仕事を始めたのは、一番上の子どもが0歳の頃です。

 その頃、夫は

 「なんで、そんなに仕事をするんだ?」
 「夜遅くまで仕事をするなんて信じられない」

 と、とても非協力的だったのを覚えてます。


 その頃0歳だった息子が、17歳になりました。

 少しずつ、本当に少しずつですが
 私が仕事をすることに対して、夫も理解を示してくれるようになり

 今回は、自分の夏休みを、私の出張期間にぶつけて休んでくれて
 夕食を作ったり、洗濯をしたりと、奮闘してくれたんですね。


 「夫婦なんだから、協力し合って当たり前」

 なのかもしれませんが

 私がキーボードを打つ音さえ嫌で、咳払いを何度もして
 迷惑そうにしていたことを思うと、信じられない変化です。


 「やりたいことを諦めずに、続けてきてよかった」

 帯広のビジネスホテルでひとりぼっちの夜に
 心から感謝の気持ちを味わいました。


 家族への感謝が身にしみたこと

 これが、私のこの夏の収穫でした。

 秋からも、頑張ります!


 それでは、今回はこのへんで。
 次回は、こみやまたみこがお届けします。お楽しみに♪



グリーゼな日々バックナンバー
※掲載されている情報・URLは発行時点のものです。
←グリーゼな日々バックナンバーTOPへ戻る

メールマガジンのご登録はこちらから

このページのトップへ戻る

  • グリーゼの最新セミナー情報グリーゼの最新セミナー情報 »

  • 人気ランキング

    インフォメーション

    サービス一覧