グリーゼな日々バックナンバー

SEOライティング(キーワードライティング)

SEOライティング(キーワードライティング)

2012年2月 9日

こんにちは。グリーゼの ふくだたみこ です。
http://gliese.co.jp/company.html#fukuda

「グリーゼ!な日々」の1月12日号に
「コンテンツマーケティング」ということを書きましたが
http://kotoba-no-chikara.com/days/fukuda/000077.html

SEOの世界でも、数年前からコンテンツ重視の傾向が
続いているようですね。

かつては・・・

キーワードの出現率が、何%であるのが最適か
キーワードの出現場所は、こことここに必須

といったテクニック的なことが流行り

私たちライターが書いた文章を
後でSEO的にチューニングをする
なんていう、やや屈辱的な時代(?)もありました。

今は、

テクニックよりも、ユーザーにとって役に立つコンテンツを
コンスタントに提供していくことが重要

という考えのSEO専門家の方も多いように感じます。

そうはいっても、ライティングの際に
最低限理解しておかなければいけないSEOもありますよね。

今日は、「SEOライティング」とタイトルをつけて
ライティングの観点から、SEOを考えてみたいと思います。

SEOに詳しい方にとっては、物足りない内容かもしれませんし

「SEOってなに?」という方にとっては、
言葉の意味を調べながら読んでいただくことになるかもしれませんが

今日のメルマガがあまり長くならないように(笑)
さらっと説明していきたいと思います。

SEOライティングの5つのポイント、はじまりはじまり~

 

─────────────────────────────
SEOライティング(1)キーワードを決める
─────────────────────────────

SEOライティングで最も重要なことは
「キーワード」を決めることです。

あはは~ 当たり前だよね~

と思われますよね。

でも、キーワードをじっくり吟味することが
ライティングをする上でも、とても大切だと思います。

例えば、「パソコン修理」というビジネスで起業しようとしたAさん。
キーワードを安易に「パソコン 修理」だけに決めるのは危険です。

ユーザーは、「パソコン」ではなく「PC」で検索するかもしれませんし
切羽詰まったユーザーは、メーカー名、機種名を検索窓に入力するかもしれません。

もっと急いでいる人は、「パソコン 修理 日本橋」などと
地名を入れてきます。

「修理」ではなく、「故障」という現在の状態で
検索を始めるユーザーもいるでしょう。

インターネットは、紛れもなく「検索するため」の道具です。

 ユーザーがどんな言葉を検索窓に入れるだろう?

ということを、よく考え、時間をかけて調べてくださいね。

調べ方などはまた、別の機会に・・・。

 

─────────────────────────────
SEOライティング(2)キーワードをテキストで入れる
─────────────────────────────

Googleなどロボット型検索エンジンのクローラ(プログラム)は

「そのページに、どんなキーワードが入っているか」

を24時間、365日、巡回して調べています。

クローラは、基本的にテキスト情報のみを取得していきます。

デザイン重視で、画像の多いページを作ることもあると思いますが

 キーワードをテキストで入れなきゃ

ということは、いつも意識しておいてください。

 

─────────────────────────────
SEOライティング(3)論理的な講座とパラグラフ
─────────────────────────────

「キーワードの出現場所」

という言葉を聞いたことがあると思います。

SEO的に考えたとき

 1ページの中のどの部分にキーワードを入れると効果が高いよ

というルールがあるようです。

あるSEO専門家の方は、
「ページ内のどの場所に何%入れるといい」とか
「このタグのところにキーワードを入れてコンテンツを作るといい」
などとおっしゃいます。

ただ、キーワードの場所を決めてから文章を書くのは非常に難しく
かえって、ユーザーにとってわかりにくい文章になってしまいがち。

そこで、キーワード出現率の話は一切忘れて

論理的な構造で書く
パラグラフで書く

ということに徹してください。

論理的な構造で書けば、重要な内容、結論、総論などが
ページの上の方に書かれます。

パラグラフで書けば、テーマが明確になり
重要なキーワードが見出しになります。

キーワードの出現場所を意識しなくても
SEO的に有利な位置に、重要なキーワードが入ることになるのです。

 

─────────────────────────────
SEOライティング(4)指示語を使わない
─────────────────────────────

文章を書いていて、勢いに乗ってくると
やや口語に近くなってくる人も多いでしょう。

注意してほしいのが、指示語です。

指示語とは、「これ それ あれ」など、一度出てきた言葉を
指し示すときに使います。

同じ言葉を繰り返さずに説明できるので便利なのですが
SEOライティング的には、もったいないですね(笑)

文章の自然な流れの中で、キーワードを入れられるのであれば
具体的な固有名詞(キーワード)を使いたいものです。

例)当社の新商品は「グリルビーンズ」という健康食品です。
これは、約5年の年月をかけて開発しました。

    ↓

 当社の新商品は「グリルビーンズ」という健康食品です。
「グリルビーンズ」は、約5年の年月をかけて開発しました。

「指示語を使わない」というのは小さな積み重ねですが、大切なことです。

この意識が続くと、

詳細はこちら
つづき・・・

などとリンクを貼っていたところのテキストも

「グリルビーンズ」の詳細はこちら

と、キーワードを盛り込んだテキストリンクが作れるようになるでしょう。

キーワードに対する意識を高めることの第1歩として

 指示語を使わない

というルールは、とてもわかりやすいと思います。

 

─────────────────────────────
SEOライティング(5)タイトルタグとメタタグ
─────────────────────────────

タグの話になると、テクニック的になってしまいますが
ライターでも、以下の3つのタグは、理解しておく必要があるでしょう。

 <title>

 <meta>

 <h1>

うーん、わからない
というかたは、調べてから下に進みましょう。

上記のタグはそれぞれ重要性がありますが
今日は<meta>タグについてちょっと解説。

SEOの専門業者の方に聞くと
<meta>タグは、SEO的にあまり関係なくなってきた
と言われることもありますが、<meta>タグの中でも
<meta name="description">タグの本当の役割は、別のところにあります。

ちょっとGoogleで、何か検索してみてください。

あっ、「メルマガ 代行」がいいですね。

グリーゼのサイト「コトバの、チカラ」が
1番目に表示されると思います(自慢!)

この時に、説明文が出てきますよね。

------こんな感じ----------------------------------

メルマガやfacebookページ、Webコンテンツの企画・制作代行専門の会社です。
顧客とのコミュニケーションや、会員のファン化を目的としたメルマガ・
facebookページ・Webコンテンツの制作スキル・運営ノウハウは、
国内トップレベルです。

--------------------------------------------------

これが、<meta name="description">の役割です。

検索エンジンの上位表示対策には直接関係ないとしても
この説明文の良し悪しによって、クリック率が大きく変わります。

皆さんも、検索結果が表示された後、この説明文を読んで
クリックするかどうかを判断するケースがあるのではないでしょうか?

<meta name="description">は、ページでは見えない所ですが
ここもWebライティングの際に意識する範囲だと思います。

いかがでしたか?

ユーザーにとって、役に立つコンテンツを作ることが最も大事ではありますが
SEOライティングという意識をもつことも、忘れたくないですね。

┏━ ふくだたみこの「今週のイチオシ・コラム」━━━━━━━┓

グリーゼのライターたちが執筆している「コンテンツ・ラボ」から
イチオシのコラムをご紹介します!

 ▼シニア犬との幸せな暮らし方~<第4回 シニア犬の運動>~
(土平 千草)
http://kotoba-no-chikara.com/blog/c-tsuchihira07-2

わんこを飼っている方必見。わんことの幸せな暮らし方、連載中です。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

────────────────────────
編集後記
────────────────────────

グリーゼのライターが書いている

Facebookページ「コトバの、チカラ」
http://www.facebook.com/kotoba.no.chikara

グリーゼって、こんな仕事をしているんですよ
グリーゼって、こんなライターさんたちがいるんですよ

ということを、もっと外にアピールしていきたい

を目的に、昨年末から始めたページです。

先日、ある企業様にお邪魔した時に

「やっぱり、プロのライターさんの文章は違いますよね。
長いのに、最後まで読んじゃう」

と言われました。

また、先日水戸にセミナーでお邪魔した時は

「女性の感性っておもしろいですね。オトコと視点が全然違いますね」

とも言われました。

あ~見てもらえている!
と、とても嬉しくなりました。

ライター達が、自分たちでルールやスケジュールを決めて
毎日毎日、記事をアップしています。

私たちのことをもっと知っていただきたいので
ぜひ、こちらもご覧いただければと思います。

▼グリーゼ公式Facebookページ「コトバの、チカラ」
「キラリ☆」と光る情報を、毎日更新しています!
http://www.facebook.com/kotoba.no.chikara

それでは、今回はこのへんで。

次回は、こみやまたみこがお届けします。お楽しみに♪



グリーゼな日々バックナンバー
※掲載されている情報・URLは発行時点のものです。
←グリーゼな日々バックナンバーTOPへ戻る

メールマガジンのご登録はこちらから

このページのトップへ戻る

  • グリーゼの最新セミナー情報グリーゼの最新セミナー情報 »

  • 人気ランキング

    インフォメーション

    サービス一覧