グリーゼな日々バックナンバー

プロのライターによるメルマガ制作の進め方(設計編2)

プロのライターによるメルマガ制作の進め方(設計編2)

2011年10月13日
 こんにちは。グリーゼの ふくだたみこ です。
 http://gliese.co.jp/company.html#fukuda

 最初にお礼を言わせてください。

 9月に実施しておりました
 グリーゼのオーディオブックキャンペーン。

 おかげさまで、先日無事に終了いたしました。

 こみやまたみこの講座は、最後の最後に
 必要としていた方々の手に届いたようで、ほっとしております。

 応援、ありがとうございました。

 グリーゼのメールマガジンは、通常は月に2本というゆったりペースですが
 9月は、加えて3本も号外を出すことになり
 皆さまには、ちょっとうるさかったかもしれませんね。
 ごめんなさい。

 ただ、メールマガジンというプッシュ型のツールのおかげで
 オーディオブックの購入を迷っていた方の
 背中を押すことができたのかな・・・とも思います。

 自信のある商品だっただけに、プッシュできて良かったです。


 こう考えてみると、メールマガジンって
 なかなか頼りになる存在です!

 先日、私のブログに

 ★メールマガジンまだまだ捨てたもんじゃない!
 http://ameblo.jp/fukuda0528/day-20110915.html

 という記事をアップした時
 通常の2倍くらいのアクセスをいただきました。


 「メルマガなんて古い」

 と言われて久しいですが

 「本当にメルマガは終わっているのかな?」

 「SNSなど他のツールに浮気したけど、原点はメルマガじゃないの?」

 実は、みなさんの意識の中にも、こんな"感覚"があって
 メルマガの価値、可能性を、再確認されているのではないでしょうか?

 いかがですか?

 メルマガの役割、もう一度考えてみませんか?

 今日は、前回に続き
 プロのライターによるメルマガ制作の進め方について
 お話をさせていただきます。

 前回はなんだったけ?

 という方は、こちらのバックナンバーをお読みください。
 http://gliese.co.jp/backno/070.html



 ─────────────────────────────
 誰に送るメールマガジンですか?
 ─────────────────────────────

 「メールマガジンは、ラブレターである」

 グリーゼは、本気でこのように考えてます。

 弊社運営の「コトバの、チカラ」のサイトにも
 次のように掲載しています。

 --------------------------------------------------------
 グリーゼでは、お客様を「数」として捉えるのではなく
 一人一人の顔を思い浮かべながら
 コミュニケーションをとっていきたいと考えています。

 メールマガジンは、読者のメールボックスに、
 友だちからのメールと一緒に届く、非常にパーソナルな
 コミュニケーションツールです。 

 そのことを理解せず
 「誰に宛てたわけでもなく」
 「読者の気持ちなどお構いなしに」
 「ただ一方的に情報を送りつける」だけでは

 いつまでもコミュニケーションを成立させることはできません。

 私たちは、必ず初期設計の段階で、
 「書き手」と「読み手」の人物像(ペルソナ)を「見える化」し
 あたかも「仲の良い友だちから来たメール」のようなメールマガジンを
 企画・制作します。
 --------------------------------------------------------

 そして、このページに掲載しているような
 (少しスクロールした場所です↓)
 http://kotoba-no-chikara.com/service/index.html

 ペルソナデザインシートをクライアントさまごとに作っています。


 新規でメールマガジンの配信を考えているという企業にお邪魔し

 「メルマガの読者は?」

 とお聞きすると、たいてい

 「30代~50代の方全般です」

 とか

 「20代~60代の女性です」

 というご回答が多いのですが

 同じ女性でも、ひとりひとり違っていますよね。

 ・年齢は?
 ・趣味は?
 ・どこに住んでいるか?
 ・一戸建て、マンション、アパート?
 ・未婚、既婚?
 ・子どもは?
 ・好きなテレビ、雑誌は?
 ・休みの日の過ごし方は?
 ・自由に使えるお金はどれくらい?
 ・どんな価値観?

 など、きりがありませんね(^^;

 具体的に写真が浮かぶくらいまで、描いてあげてください。

 その方が、心に刺さるメールマガジンが書けると思います。

 ちなみに、メルマガの件名や本文中で「○○さん」と呼びかける手法ですが
 古臭いように感じるかもしれませんが

 弊社のA/Bテストでも、「○○さん」と呼びかけたほうが
 開封率やクリック率が高いというデータもあります。

 こういったことからも、「メールマガジンはラブレターである」、つまり
 メールマガジンが、パーソナルなツールであることが分かります。
 ご参考までに。



 ─────────────────────────────
 誰が書くメールマガジンですか?
 ─────────────────────────────

 相手のイメージが具体的になったら
 次は、執筆者のキャラクターも具体化しましょう。

 以前、おもしろいな~と思ったご相談は

 「うちは若い女性向けの下着を扱っているネットショップです。
  店長(僕)がメルマガ書いたら気持ち悪いでしょ(笑)
  女性スタッフの名前でメルマガを出したいのですが・・・」

 というもの。


 日用雑貨のネットショップだとしても

 ・ママ目線のメルマガがいいのか
 ・若くてオシャレな独身女性の目線がいいのか
 ・または職人肌の店長が書くプロっぽいメルマガがいいのか

 悩むところだと思います。

 「メールマガジンはラブレター」なので
 誰から誰に宛てて書くのかを、しっかり設計しておくことが
 大事なんですね。


 あなたは、誰に送るメールマガジンを書きますか?

 誰が執筆者となってメールマガジンを書きますか?

 できれば今すぐに、箇条書きにして
 読者と書き手のイメージを膨らませてみてください。


 ┏━ ふくだたみこの「今週のイチオシ・コラム」━━━━━━━━━┓

 グリーゼのライター達が、隔週でコラムを執筆している
 「コンテンツ・ラボ」の新着から、イチオシのコラムをご紹介します!

 ▼小学生の野球チームに関わる親の心構え「3つのポイント」
  http://kotoba-no-chikara.com/blog/m-sakata05

 うちの子どもたちは3人とも少年サッカーでしたが
 輝くような思い出がたくさんできました。ママ必見のコラムです。

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



 ────────────────────────
  編集後記
 ────────────────────────

 『日本にFCバルセロナが生まれる日』という本を読みました。

 子どもたちがサッカーをしているので
 なんとなく読んだのですが

 これが、会社経営につながるおもしろい本でした。

 例えば、サッカーのポジションを企業に例えているところ。

 ・キーパーは経理部長
  無駄な金は1円も払えない。どうやって点を取られないかが最優先。

 ・ディフェンダーは総務部長
  会社やチームの中で、安定したシステムを作らなければならない。

 ・ボランチは専務や社長
  チームの核になり、攻めにも守りにも参加し的確な指示(パス)を出す。

 ・フォワードは営業部長
  点を取って当たり前。給料がいちばん高い、稼ぎ頭。
  フォワードが点を取れないチームは弱い。

 といった感じです。

 持ち場があり、やるべきことが明確で、連携が勝ちにつながるんですね。

 長男(高二)が

 「サッカーは深いぜ!」

 というのが少し分かったような気がしました。


 それでは、今回はこのへんで。
 次回は、こみやまたみこがお届けします。お楽しみに♪

グリーゼな日々バックナンバー
※掲載されている情報・URLは発行時点のものです。
←グリーゼな日々バックナンバーTOPへ戻る

メールマガジンのご登録はこちらから

このページのトップへ戻る

  • グリーゼの最新セミナー情報グリーゼの最新セミナー情報 »

  • 人気ランキング

    インフォメーション

    サービス一覧