グリーゼな日々バックナンバー

メールマガジンの3つの可能性

メールマガジンの3つの可能性

2010年1月14日
 こんにちは。グリーゼの ふくだたみこ です。

 2010年、新しい年を迎えました。
 旧年中は、たいへんお世話になりました。

 また、心のこもった年賀状をたくさんいただいております。
 ありがとうございます。

 弊社では、数年前から年賀状を廃止させていただいておりますので、
 お送りしておりません。申し訳ありません。

 メールマガジンで申し上げるのは失礼かもしれませんが
 この場をお借りして・・・
 皆様、本年も、よろしくお願いいたします。

 2009年は、皆様にとって、どんな1年でしたか?

 私は、ラジオ番組をやらせていただいたり
 http://www.radionikkei.jp/mailjuku/

 日本流通産業新聞社発行 週刊「日流eコマース」で
 自分の名前で連載を持たせていただいたことが、大きな財産となりました。

 弊社のサイトに、連載「売れるメルマガ講座」のバックナンバーを
 掲載できることになりましたので、紹介させてください!

  ▼「売らないメールマガジン」から「7行のメールマガジン」まで
  http://kotoba-no-chikara.com/pickup/3/

   ※編集長の下山さん、ありがとうございます。


 今日は、バックナンバーを振り返りながら
 メールマガジンの3つの可能性を考えてみたいと思います。

 どうぞ、最後までお付き合いください。



 ────────────────────────
  1:メールマガジンの3つの可能性
 ────────────────────────

 「売れるメルマガ講座」の取材や
 弊社のメールマガジンのクライアントさんとのお付き合いを通じ
 メールマガジンには、3つの可能性があることがわかってきました。

 ・可能性1:コミュニケーション力がある→ファンを育成することができる

 ・可能性2:販売力がある→売上げアップを狙える

 ・可能性3:ブランディング力がある
                 →企業のブランドイメージを形成できる


 これらの可能性を教えてくれた企業様、オンラインショップ様の事例を
 この後、ご紹介しますね。



 ────────────────────────
  2:1本で50万売るメールマガジンにピンチ
 ────────────────────────

 「売らないメールマガジンを書いてください」

 「売らなくて、いいんですか?」

 「はい!」

 という会話から始まった
 「オオクワガタ クワガタ カブトムシ 販売 通販 専門店 ドルクスダンケ」
 店長の坪内さんとのお付き合い。

 バリバリの検索商材であるオオクワガタ、ヘラクレスオオカブトなどを扱い
 マニア向けのショップとして有名です。

 坪内店長の書くメールマガジンは
 1本で50万円売ったという実績もある実力派メールマガジン。

 「でも、いつまでもマニア向けに商売していて大丈夫か・・・」

 坪内さんの危機感は、目の前に迫っていたようです。


 弊社が依頼されたのは「売らないメールマガジン」

 マニアではなく、昆虫にちょとだけ興味のあるファミリーと
 ひとり暮らしの女性がターゲット。

 コミュニケーションを取ることによりオオクワガタに興味を持ってもらい、
 昆虫を育てることへの意欲を盛り立て、
 欲しい気持ちに火をつける役目です。

 「売らないメールマガジン」の成果とは・・・

 そこまでを書かせていただいたのが、こちら↓

  ▼オンラインショップの「売らないメールマガジン」の謎
                        【ドルクスダンケ様】
  http://kotoba-no-chikara.com/pickup/3/1_001.html



 ドルクスダンケ様の事例は、ホテル法華クラブ様の事例と共に、

 "メールマガジンは、ファンを育成する力を持っている"
 ということを実証した事例でした。

 ただ、コミュニケーションを取るだけでは
 メールマガジンとしては、半人前!?

 ファン育成の先には、売上げが期待されているんですよね。

 コミュニケーション力と販促力をうまく活用されているのが
 北の大地、北海道のこちらのお店です。



 ────────────────────────
  3:たった7行のメールマガジンでも、売れる
 ────────────────────────

 「知床三佐ヱ門本舗」の町田店長のメールマガジンは
 とにかくショート。たった7行の号も・・・。

 7行の正体は、こんな感じ↓

 ---------------------------------------------

  毛がに(羅臼産)入荷しました。
  550gのものもございます。
  本日 8月5日 23:59 まではポイント5倍セール!
  全商品が対象です。
  もちろん毛がにも。
  わけありアウトレット
  (足が1本取れてたりします)もございます。

 ---------------------------------------------

 そっけなく、商品の入荷情報のみが書かれているだけなんですね。

 いかがですか?

 初めての読者の方が読んだら、びっくりするくらい、商品のみ(笑)。

 それでも、しっかり売れているそうです!

 知床の町田店長と、
 スカイプで夜中にお話させていただいたことがあるんですが

 「1本のメールマガジンで8万円の鮭児を4本、たった1時間で売り切ったよ」
 という販売力。

 こう書くと、7行のメールマガジンを
 真似してしまう方が出てきそうで恐いですが
 町田店長が、こんな危険なメールマガジンを出せるのには理由があります。

 実は、日常的にコミュニケーションを取っている
 別のメールマガジンがあるのです。

 こちらは女性のスタッフが書き、おしゃべりがメインの内容です。


 毎朝、駅までの商店街で、お店の前を通るたびに、
 「おはよう、寒いね」と声をかけてくれるおばちゃんのいるお店だからこそ

 帰りにおじちゃんが「安いよ白菜! 持ってってよ」と声をかけてきても
 押し売り感がない、むしろ、ありがたいと感じるんですよね。


 コミュニケーションのためのメールマガジンと
 売上げを作るためのメールマガジンをうまく連動させているのが
 知床三佐ヱ門本舗様の事例です。

 町田店長のパートナーとなっている女性スタッフの声まで
 取材させていただいたのが、こちらです↓

  ▼たった7行のメールマガジン 【知床三佐ヱ門本舗様】
  http://kotoba-no-chikara.com/pickup/3/1_006.html



 ───────────────────────────
  4:安売り競争に巻き込まれないためのメールマガジン
 ───────────────────────────

 最後にご紹介したいのが、メールマガジンのブランディング力。

 ユニクロを代表とする国内外のファストファッション。
 Tシャツは価格破壊を起こし、オンラインショップも激戦区。

 そんな中、価格競争に巻き込まれず独自のエコTシャツ路線で
 しっかりとブランディングをしている久米繊維工業様。

 プッシュ型の情報伝達ツールであるメールマガジンの力を活用して
 社員の竹内さんは、自らをエコの達人に育てたのかもしれません。

 エコ = 竹内さん = 久米繊維工業

 久米繊維工業のエコTシャツのブランド力には
 竹内さんのメールマガジンが不可欠だったといいます。

 遠回りにも見える、竹内さんの取り組みがこちら↓

  ▼Tシャツ×エコ×メルマガ=企業のブランディング
   【久米繊維工業株式会社 竹内様】
  http://kotoba-no-chikara.com/pickup/3/1_005.html


 久米繊維工業様では、竹内さんだけでなく
 営業の全員が、メールマガジンを書いています。
 友人、知人からのメールは、誰でも必ず開きますよね。

 そこに開封率を上げるポイントがあることを教えてくれたのも
 久米繊維様の全員メルマガでした。

 社員の意識改革、社内教育ツールとしてのメールマガジンの可能性まで
 享受していただいたのが、こちら↓

  ▼営業全員が書く!メールマガジンの新たな活用法とは
   【久米繊維工業株式会社様】
  http://kotoba-no-chikara.com/pickup/3/1_004.html



 サイトのバックナンバーをご覧いただきながらですので
 少々混乱させてしまったかもしれませんが、まとめますと
 メールマガジンには、次の3つの可能性があるとわかりました。


 可能性1:コミュニケーション力がある→ファンを育成することができる

 可能性2:販売力がある → 売上げアップを狙える

 可能性3:ブランディング力がある→企業のブランドイメージを形成できる




 今年の注目は、携帯メルマガ。

 これからもたくさんの方と会って、携帯メルマガを含め
 メールマガジンの意外な可能性を、探っていきます!

 プッシュ型のツール=メールマガジンは
 購買意欲の下がっているユーザーに対し2010年、
 ますます力を発揮すると思います!

 興味のある方は、日本流通産業新聞社発行 週刊「日流eコマース」を
 ぜひご購読ください。

 弊社、こみやまたみこも「グリーゼ!な日々」を連載しております。

  ▼ECに関する最新ニュースが、毎週届く!
   週刊「日流eコマース」
  http://www.bci.co.jp/ecommerce/index.html


 本年も、グリーゼを、よろしくお願いいたします。

 それでは、今日はこのへんで。

グリーゼな日々バックナンバー
※掲載されている情報・URLは発行時点のものです。
←グリーゼな日々バックナンバーTOPへ戻る

メールマガジンのご登録はこちらから

このページのトップへ戻る

  • グリーゼの最新セミナー情報グリーゼの最新セミナー情報 »

  • 人気ランキング

    インフォメーション

    サービス一覧