【コラム】メルマガの切り口は「掛け算」で作る!

前回「【コラム】メルマガのネタに困らない!商品紹介の切り口3つ 」で、メルマガで商品を紹介するときに使える基本の切り口を3つ、お話ししました。まずはそれをおさらいしておきましょう。

1.商品の使い方:レシピやコーディネート例など
2.商品のうんちく:こだわりなど
3.商品のトレンド:人気など

この3つの基本を思い出したところで、今日はその応用方法、つまり、これらを組み合わせ、切り口のバリエーションをさらに広げる方法についてご紹介します。

◆組み合わせその1:「使い方」×「うんちく」

「使い方」と「うんちく」を組み合わせます。たとえば、以下のような例が考えられます。

・地方の食品ショップのメルマガで、地場野菜を使ったレシピ(使い方)と地場野菜についての豆知識(うんちく)を語る

・ブランドショップのメルマガで、アイテムの使用シーンやコーディネート例を提案し(使い方)、ブランドにまつわるうんちくを語る

「うんちく」を「商品の特徴」と考えれば、こんな例も考えられるでしょう。

・手芸ショップのメルマガであれば、毛糸の種類とその特徴(うんちく)、それに合わせた編み物レシピ(使い方)を紹介する

この組み合わせで商品を紹介すると、商品紹介だけにとどまらず、商品に対するメルマガ読者の商品に対する理解・興味を深めることもできます。また、商品に詳しいスタッフがいることにより、店に対する読者の信頼も深めることができるでしょう。

◆組み合わせその2:「使い方」×「トレンド」

「使い方」と「トレンド」を組み合わせます。たとえば、以下のような例が考えられます。

・食品ショップのメルマガで、旬の食材(トレンド)とレシピ(使い方)を紹介する

・アパレルショップのメルマガで、季節や流行のアイテム(トレンド)とコーディネート(使い方)を提案する

・バッグショップのメルマガで、梅雨時の(トレンド)革のメンテナンス方法(使い方)を紹介する。

この組み合わせは、その時その時の読者の「これが知りたい!」「これが困った!」に対応しやすいことが特徴です。また、新商品などをあまり作らない定番商品中心の店であっても、切り口が作りやすくなる組み合わせです。

◆組み合わせその3:「トレンド」×「うんちく」

「うんちく」と「トレンド」を組み合わせます。たとえば、以下のような例が考えられます。

・食品ショップのメルマガで、旬の食材(トレンド)の豆知識(うんちく)を語る

・アパレルショップのメルマガで、結婚式シーズンに(トレンド)、ドレスコード(うんちく)について語る

その2で紹介した組み合わせ同様、うんちくを語ることで、メルマガ読者の理解・興味と、ショップに対する信頼を深める効果があります。また、トレンド、つまりその時期ならではの情報を盛り込むことで、読者の興味を惹きやすくすることもできます。

◆組み合わせその4:「使い方」×「うんちく」×「トレンド」

3つの切り口をすべて組み合わせることも可能です。たとえば、以下のような例が考えられます。

・食品ショップのメルマガで、旬の食材(トレンド)についてのうんちくを語り(うんちく)レシピ(使い方)を紹介する

・アパレルショップのメルマガで、結婚式シーズン前(トレンド)にドレスコード(うんちく)について語り、コーディネート例(使い方)を紹介する

商品についての理解・興味が深まったところに、実際の使い方を示すわけですから、メルマガ読者の「欲しい!」という気持ちを盛り上げるのに効果的な方法と言えるでしょう。とはいえ、この組み合わせは盛り込む情報が多くなるので、メルマガが長文になりがちです。なるべく読みやすく、シンプルにまとめるよう気をつける必要があるでしょう。

メルマガのネタに困ったら、前回紹介した基本の3つの切り口と、今回紹介したこの4つの組み合わせパターンを思い出してみてください。

——————————————————
グリーゼは、商品紹介の切り口に毎回頭を悩ませているオンラインショップ・企業に代わり、メルマガのコンテンツを設計・制作いたします。Webサイト「コトバの、チカラ」の「メールマガジンの設計・制作」のページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

カテゴリー: メルマガ制作のノウハウ集   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。