【コラム】メルマガにおける件名の事例紹介

メルマガを読んでもらえるかもらえないかは、件名によって大きく左右されます。いくら手間暇かけて制作したメルマガでも、件名で読者を惹きつけることができなければ、開封してもらうことすらできないのです。今回は、子育て雑貨を扱うショップでの事例を元に、メルマガの件名について考えてみたいと思います。

このショップでは、メルマガを「読者とのコミュニケーションツール」として位置付けていました。そのため、セールや新商品発売時期以外のメルマガでは、「ママ友から届くメール」を意識して制作するようにしていました。

【事例1】件名:「うちの子、人見知りがすごくて・・・」

創刊して間もない時期、「わが子の人見知り」をテーマにメルマガを制作しました。メルマガ担当スタッフの子どもの人見知りがすごく、ママ以外の人に抱っこされるとすぐに泣いてしまうという、ママならではの悩みにフォーカスした内容でした。同じように悩んでいるママが多いのではないかという視点で、上記のような件名を採用。すると「うちの子も同じですよ~」と励ましや共感のお便りをいただき、読者とのコミュニケーションづくりのきっかけを作ることができました。

【事例2】件名:「さよなら、ママゴリラ」

徐々に読者とコミュニケーションがとれてきた頃、メルマガの話題として掲げたのは「怒りんぼママからの卒業」。子どもに対してイライラをぶつけてしまうことが多い毎日の中、子どもから「ママゴリラだ!」と言われてしまい、傷ついた母親の心境をテーマにしました。子ども向け教育番組で、「ママゴリラ」というタイトルの歌が発信されていたこともあり、同じ子育て世代のママには響くキーワードだったと思います。また、人には打ち明けづらい悩みにフォーカスしたことで、たくさんの読者からお便りをいただいた回です。

【事例3】件名:「おすすめのエコバッグ教えて!」

当時、エコバッグが急速に普及しはじめていました。そこで、件名から本文まで一貫して、エコバッグの話題に。本文で、「使いたいと思ってるけど、おしゃれなエコバッグないかな?」とメルマガ担当スタッフが問いかけたところ、何十通ものお便りが返ってきました。その後も、読者のおすすめバッグをメルマガで複数回にわたって紹介し、盛り上がったテーマです。「自分のおすすめを教えてあげたい!」というママの心理に、じょうずにアプローチできた回だったと思います。

「メルマガの書き方、開封率を上げるための件名の例」のコラムでも紹介したように、メルマガの件名を付けるにあたっては、キャッチーにしたり、緊急性を促したりという技術が必要です。同時に、今回の事例のように「先を読んでみたい!」と思わせる話題を選べるかどうかも重要なポイントとなってきます。メルマガ制作の仕上げとして、メールボックスの中で、読者から選んでもらえる件名を付ける工夫をぜひしてみてくださいね。(上池 奈津)

————————
【関連コラム】
メルマガを読んでもらえる件名の付け方(メルマガ・書き方)

————————-
グリーゼでは、お客さまの商材に合わせ、読まれるメルマガを制作、ご提供しています。詳しくは、Webサイト「コトバの、チカラ」の「メルマガ制作」のページをご覧ください。

カテゴリー: コンテンツ制作・事例ノウハウ集, メルマガ制作のノウハウ集   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。