【コラム】ステップメールは企画が命!

前回のコラムでは、ステップメールの特徴について、事例を交えてお話ししました。今回は、ステップメールを企画する際に重要な2つのポイントについて、ご紹介したいと思います。

■1.読み手は誰?「ペルソナ」を明確に

メルマガ同様、ステップメールを企画する際に重要なのが、【初期設計におけるペルソナの設定】です。ペルソナとは、企業やショップにおける象徴的なユーザーのこと。ペルソナを「○○歳くらいの女性」などと漠然と設定しただけでは、読者の心に響くステップメールを書くことはできません。

前回ご紹介した、子育て雑貨を扱うショップでは、年齢・家族構成・住んでいる場所・趣味・愛読している雑誌に至るまで、あたかも実在する人物のプロフィールを書くように、細かくペルソナを設定しました。細かくペルソナを設定することで、読者が関心を寄せる話題がおのずと見えてくるため、メールの内容を充実させることができるのです。

「読者像を絞りすぎると、他の読者に読んでもらえないのではないか?」という不安を持たれるかもしれませんが、漠然とした読者像をイメージして書き始めると、メールの内容にブレが出てきてしまいます。その結果、誰の心にも響かないステップメールになってしまう危険性があるのです。

■2.ゴールに導くための「シナリオ」

ステップメールの企画における、もう1つの重要ポイントが【綿密なシナリオの設計】です。資料請求やお試しサンプルへの申し込み、通常メルマガの読者登録など、まずは最終的なゴールをどこにするのか検討しましょう。そのうえで、「誰を対象にして配信するのか」「どんな内容のメールを、どのタイミングで送るのか」「どういった特典を付けるのか」などを決めていきます。

さきほどご紹介した子育て雑貨を扱うショップでは、下記のようなシナリオを設計しました。

対象:初回購入者
本数:4本
最終ゴール:通常メルマガの読者登録
特典:次回購入時、送料無料で配送
主な内容:スタッフの子育てエピソード、通常メルマガの読者から届いた感想など

ステップメールは、1度設計しておけば、継続的に配信することができる優秀な販促ツール。しっかりと企画を練って、有効に活用してくださいね。(上池 奈津)

————————-
【関連記事】
企画を立ててメルマガを書こう
ステップメールはこう使う!5つの事例

————————-
グリーゼでは、ペルソナの設定から綿密なシナリオの設計まで、読者を次の行動へとクロージングするステップメールのご提案・制作をさせていただいております。顧客のフォローアップ等に有効活用されたい方は、ぜひお問い合わせください。詳細は、Webサイト「コトバの、チカラ」の「ステップメールの設計・制作」のページをご覧ください。

カテゴリー: ステップメール制作のノウハウ集, メルマガ制作のノウハウ集   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。