【コラム】Facebookページでイベントを開催し成功するコツ

Facebookには、交流を目的とした楽しい機能が用意されています。中でも、期日を指定し参加者を招待できる「イベント機能」は便利です。個人では誕生会、同窓会、飲み会など。企業では、セミナー・展示会など。レストランでは、新作試食会やお料理教室の案内。各種店舗では、バーゲンセールの案内。地方自治体では、マラソン大会や季節のイベントの告知が簡単にできます。

今回は、そんな便利な「イベント機能」をご紹介します。

■ビジネスにも有効!
・イベント開催をきっかけに新しいユーザーにアプローチすることができる。
・招待者の出欠確認が容易にできる。(出席・欠席・未定)
・クエスチョン機能やコメント欄を使って、イベント開催前に参加者からの質問や、要望を直接聞くことができる。
・イベント終了後も写真やコメントの投稿を通じて、Facebookページ上で体験を共有し、参加者の反応を知ることができる。

■イベントを成功させるコツ!
・イベントをイメージできる写真を使おう。
イベントページにもカバー写真が設定可能になりました。開催するイベントをイメージできる写真を使い、文字も組み合わせて、カバー写真だけで、内容が分かるものにすると効果的なようです。
・イベントを盛り上げよう。
せっかくイベントに参加してくださる方々とコンタクトが取れるのですから、イベントまでの期間はFacebookページ上で準備段階の記事や写真、担当者の声を紹介しましょう。
参加者も一緒にイベントを作っている気持ちになり、ワクワク感を持続してもらえます。

さあ、楽しいイベントをFacebookページで企画して、多くの人と集い、ファンを増やしましょう。イベントの立て方も簡単です。

■新規イベントの作り方
1)Facebookページのタイムラインで「クーポン・イベントなど」をクリック
2)「イベント」をクリック。
3)イベント内容を入力
名前・詳細・場所・チケット・日時を入力し「作成」をクリック。
ターゲット設定(性別・学歴・言語など)を追加。(関連性の高い人のニュースフィールドのみにイベントが表示される)
4)イベントの告知
イベントが作成されたので、告知の投稿をして参加者を募る。
5)イベントの写真を掲載
「イベントの写真を追加」をクリックすると「写真アルバムから選択」または「写真をアップロード」を選択します。

イベント機能は、ちょっとしたコツでユーザーにアプローチができ、イベントの成功とFacebookページへの「いいね!」を増やすことができます。同時に、実店舗などへの誘導も可能な機能です。楽しいイベントを企画してみてください!(竹下 希代子)

関連記事:Facebookに関するこちらの記事もご参照ください。
【コラム】Facebookページのビジネス活用法
【コラム】Facebook広告でA/Bテストを行う方法
【コラム】“Facebookグループ”で友達とコミュニケーション

グリーゼでは、Facebookページ運営のお手伝いもしています。顧客とのコミュニケーションツールとしてFacebookページを活用しませんか。詳しくは「Facebookページの制作・運営」のページをご覧ください。

カテゴリー: Facebook運営のノウハウ集, 未分類

コメントは受け付けていません。