◆Twitter広告。投票広告、効果の高い4つのテーマとは【SNS最新ニュース】

【2017年1月10日】

こんにちは。
SNS最新ニュース担当、愛垣です。

年末年始、新しい仕様変更などの目立った情報がなく穏やかな印象。

しかし、SNSの情報が入国審査にも関係するというものなど、SNSで発信される情報についてのニュースが目につきました。

ということで、2017年最初のSNS最新ニュース、スタートです。

――――――――
Facebook関連
――――――――

2016年、全米で最も使われたアプリはFacebook!Apple Musicは9位

(SNS周りの情勢として)
1位Facebook、2位Facebook Messengerというワンツーフィニッシュ。

スマートフォンの普及率(日本は67.4%)とともに、頭に入れておきたいものです。

Facebookは自動車会社のマーケティングにどう役立つのか、購買ファネルで分かりやすく解説

(運用担当者向け:事例)
11月15日に開かれたイベントのレポート記事。

「マーケティングに、どのようにFacebookを利用できるか」の参考に。

【事例つき】ユーザーを引きつける!観光・旅行業界Facebook活用ポイント

(運用担当者向け:事例)

観光、旅行業界についてのまとめ。

業界外でも、ユーザーを引きつけるポイントの参考に。

【2017年最新版】プロが教えるFacebook広告の始め方・基本設定!-前編-

(運用、広告担当者向け:広告)

Facebook広告の基本的な情報と運用について、経験に基づくまとめ記事。

後編はこちら↓

――――――――
Twitter関連
――――――――

TwitterのドーシーCEO、ツイート編集機能など4つの改善についてツイート

(仕様関連)
Twitterの今後について参考に。

新たなTwitter広告!カンバセーショナルカード&インスタントアンロックカードを徹底解説

(運用、広告担当者向け:広告)
「カンバセーショナルカード&インスタントアンロックカード」の使い方解説。

基本情報から使い方、メリットまでまとめられています。

Twitter広告を活用しているマーケター必見! 投票広告、効果の高い4つのテーマとは

(広告担当者向け)
テーマ決めの参考に。事例もあります。

――――――――
LINE関連
――――――――

特になし

――――――――
その他SNS情報
――――――――

Androidの高負荷アプリランキング発表、FacebookやLINEなどが上位に。Avast集計

(情報として)
ビジネスに直結する情報ではないかもしれませんが、ニュースアプリよりもSNSアプリが上位という世界情勢は、掴んでおきたいものです。

*関連記事
2016年モバイルアプリのトップ10はFacebookとGoogleが独占

人気スマホアプリの利用者は軒並み倍増/利用者数No1は4年連続「LINE」【ニールセン調査】

SNS「起業家育成」被害相次ぐ 若者ターゲット

(注意情報)
やはり・・・という感じが否めません。

若者に限らず、企業のマーケティング担当者もターゲットになる確率が高いと思われます。気をつけたいものです。

—————-

今回の情報はいかがでしたか?

ところで、SNSって、こんなに重要視されるようになったのですね!

米国旅行前の手続きが変更、SNSアカウントが確認されるように

危険な思想・思考を持っていないか、チェックするのだとか。

交流ツール以上の存在になってきたということでしょう。

では、次回もお楽しみに!

*外部サイトへのリンクが切れている場合があります。ご了承ください。
*ご登録は、こちらからお願いいたします。

カテゴリー: SNS最新ニュース(バックナンバー)   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。